FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019年03月11日 (月) | 編集 |
昨晩からの暴風雨で何となく眠りが浅くなってしまいましたが、皆さんのところはいかがでしたでしょうか?
こういう時は外の猫たちが濡れずに過ごすことができただろうかと、いつも心配になります。

さて、昨日『防災に役立つペットのしつけ方セミナー』に参加して来ました。



200名近い方が参加されていたようで、関心の高さがうかがわれます。

最初に伊勢原・秦野地区で起こりうる災害について短い説明がありました。

「〇〇地区でマグニチュード7以上の地震が起こる可能性は〇%」と言うのを目にすることもありますが、熊本地震も北海道地震も1%未満だった場所で大きな地震が発生したことを考えると、あまりその数字だけを頼りにするのは危ないようです。

秦野は伊勢原の断層と松田の断層に挟まれているので、断層のズレによる直下型地震の心配があるそうです。


続いて動物行動学がご専門の入交眞巳先生による「動物行動学に基づくペットのしつけ方と心得」の講義です。

いろいろなところでペットと防災に関するセミナーが開催されたり、自治体でガイドラインが作成されたりしているので、どいういうものを準備しておいた方が良いとか、日ごろ一緒に暮らしている家族が動物たちにしてあげられる準備について目にされたことがあることでしょう。

今回はそう言った内容から一歩踏み込んだもので、2011年の震災時に青森にいらっしゃった先生ご自身の経験からのお話でもありました。

ペットフードや水を準備しておきましょう、とはよく言われていますが、災害時は人間の水にも困るのでペットまで水が回らないこともあるそうです。
そういう時のために、避難袋に入れるフードは缶のものが良いそうです。
ウエットフードをあげられれば、水をあげられない状態でもある程度の期間は耐えられるとのこと。

またペットボトルに「ペット用の水」と書いておけば、その水を人間のために使うのは最後の手段になるので有効だそうです。

薬を飲んでいる子はその薬を避難袋に入れておくことが推奨されています。
ただ避難袋を持って出られなかった時のことも考えておく必要があります。

震度6では立って歩くことが難しく、避難袋を取りに行くことができないまま逃げなくてはいけない場合も出てくる可能性があります。

そのため、必要な薬はその製品名と1回の容量をメモしておくと良いそうです。
「ステロイド1回半分」とかではなく「プレドニゾロン、1回2.5㎎」などのように書いて、可能なら薬の写真も携帯で撮っておく。
そうすることで、避難先あるいは動物病院でその薬を処方してもらうことができるかもしれません。

多くの人が逃げる時に何も持たなくても携帯だけは持って行くそうです。
なのでペットの全体像の写真をいくつかの角度から撮っておくと、ペットとはぐれてしまった時に役立つそうです。
その子の特徴がわかるような写真を日ごろから撮っておくと良いですね。

そう言った細かいことの他に、キャリーに入る訓練、多くの人から触られても大丈夫な子にするための訓練などについて教えていただきました。

一緒に連れて逃げたいのにキャリーに入ってくれなくて逃げ遅れてしまったとか、せっかく避難所に一緒に行くことができたのに、人が通るたびに大きな声で鳴いたり、攻撃的だったりと言うことがないようにするためのものです。

犬と猫ではだいぶ内容が変わって来ることがわかりました。
共通して言えることは、とにかくおやつなどを使って楽しく訓練を行うことが早道だということ。

そして結果をあせって出さないで、辛抱強く続けることが大切だということです。

キャリーの中におやつを入れて誘導する場合は、最初は出口付近におやつを置いて、それをだんだん奥の方に置いても入って食べてくれるようにすること。
その時にあせってキャリーのドアを閉めてしまうと、「おやつにつられて中に入ると嫌なことがある」と学習してしまいます。

奥まで入ることを何度も繰り返して次にドアを閉める段階になったら、ドアを閉めてもすぐに開けるなどの段階も踏むことが必要です。
また、ドアを閉めても大丈夫になったら、キャリーを持ち上げて運ぶことも馴れさせると良いそうです。

IMG_2125.jpg
おやつくれるなら、わたしも頑張る!

多くの人に馴れさせる場合は、その子の一番好きなおやつを他の人からあげてもらうと言う方法が良いとおっしゃっていました。
たとえばチュールが好きな子には普段チュールをあげないでおいて、お客さんが来た時だけその方からチュールをあげてもらうようにする。

そんなことを繰り返すと「客さん=好きなものをくれる人」と言う刷り込みができてくるそうです。

犬にしても猫にしても不安な時は好きな物でも食べないそうです。
好きな物なら食べると言う時はひとまず安心で、食べない時は気持ちが落ち着くまでしばらく待ってあげる、なかなか状況が改善しない時は環境を変えてみるなどの工夫も必要とのこと。

あまりひどいようなら、お医者さまに相談して抗不安剤を処方してもらったり、サプリメントを使ってみるなどの方法もあるようですので、必要に応じてお試しください。

まだまだいっぱい教えていただいたのですが、とにかく自分の家の子を守ることができるのは家族である皆さんだけなので、いろいろ想像力を働かせたり、いままでの震災を経験された方からのお話を聞くなどして、どういう準備が必要であるかを考えることが大切だと再確認しました。

8年前の今日、多くの方が地震や津波の被害に会い、たくさんの動物たちも亡くなったり家族とはぐれてしまったりしました。
その教訓を活かして、少しでも多くの人やペット達が次に災害が起こった時に一緒に乗り越えて行けるようにと強く願っています。

IMG_2366.jpg
ボクは外にいるから、ご飯持って来てね。
スポンサーサイト
2019年03月02日 (土) | 編集 |
今日はぽかぽか陽気で気持ちの良い1日でしたね。
3月に入り、こういう暖かな日が増えてくるのでしょうか?

我が家の近くには用水路とその先にポンプ場があります。
外の子のところに歩いてご飯をあげに行くときは用水路沿いにテクテクと歩いているといろいろな生き物に出会います。

いつもいる鯉の他に、この時期は鴨や鷺、暖かい時期にはモグラが落ちていたりヘビやザリガニなんかに会うことも。

用水路の深さは場所によってまちまちなのですが、鯉の身体の一部が水の上に出ていることがよくあります。

わかりにくいと思いますが、白っぽい部分が水の上に出ています。

IMG_2309.jpg

IMG_2308.jpg

これは用水路の深めの部分で、浅いところはもっと浅くて水深5㎝程度のことも。
当然そういうところに鯉はあまりいないのですが、2月の終わりの寒い朝には身体のほとんどの部分が水の外に出ていて動けなくなっている鯉が数匹いました。

元気な鯉は身体をクネクネさせながらなんとか別の場所に移動していったようですが、私が見る限り2匹は完全に動けなくなり、寒さの為かそのままの形で息絶えてしまっていました。

後日1匹の死骸がありましたが、水が少ないので流れて行くこともなく、数日そのままの場所に横たわったままでした。
この写真は身体が浮いているのではありません。

IMG_2310.jpg

昨日の雨でようやく流れて行ったらしく、今朝はその姿はありませんでした。

この地域は雨がたくさん降ると浸水被害がひどかったらしく、用水路とポンプ場を作って大根側に排水すると言う仕組みを作ったそうです。

市役所に用水路の水深をもう少し深くすることができないのか聞いてみたところ、ポンプ場は強制排水するだけの施設なので水深をコントロールすることはできないと、冷たい返事が返ってきました。

27億円以上かけて作ったポンプ場ですが、これはいったいどういうことでしょう??

よくわかりませんが、用水路の(?)水深が一定以上になったらポンプ場が作動して強制排水するようです。
それなら強制排水を始める水深を現在の設定から15㎝程度高くすればよいだけだと思うのは素人考えなのでしょうか?

用水路は鶴巻温泉の駅の方まで伸びていて、駅の近くはかなり深いのでたくさんの鯉がいます。
そしてこんな看板も。

IMG_2323.jpg

鯉のことを気にかけてくれているようなので、もうちょっと考えてくれないかな。

2019年02月16日 (土) | 編集 |
今日は暖かで良いわ~と思っていたら、TVで松田町の河津桜がきれいに咲いている映像が流れてきました。
これから暖かい日が続くようなので、こちらの桜も今年は早く咲き始めるかもしれませんね♪

我が家では2011年2月末に買ったガラケーをずっと使用していました。

世の中ではどんどんスマホが浸透して行っていて、「ああ、、遅れている、、、」と思ってはいたのですが、タブレットとモバイルWifiを持っていたので、電話はガラケー、外でネットが必要ならタブレットを持ち出せばなんとかなっていたのです。

P1140318.jpg
この小ささも魅力なんですけどね

でもガラケーで使用している3Gと言う通信サービスが近日中に終了になると言うことで、携帯電話会社からも今の電話機が使えなくなりますよ、と悪魔のささやきが。

このままの携帯電話会社でスマホにすると高いので、Simフリーのスマホを買って、格安Simを入れることにしました。
ただ、いわゆる“2年縛り”が終わるのが今月なので、それよりも前に契約を解除すると違約金がかかってしまい、それも腹が立つので、格安Simの会社の安いキャンペーンを利用して昨年10月にスマホを購入。

それからLineを入れて、お友達に教えてもらいながら、やっとある程度スマホを使えるようになりました。

P1140319.jpg
なが~いおつきあい、よろしくね。

そして2年縛りが明けたこともあり、ガラケーとはさようならすることに。

スマホはタブレットに比べたら画面が格段に小さくて、いろいろ不便なこともあります。
でもガラケー時代には大きなサイズの添付ファイルを見ることができなかったり、ネットにつなげられずに不便なことも多かったので、今はその便利さがありがたいです。

いろいろなことができる反面、危険もいっぱいだし、スマホが使えなくなった時のダメージも大きいはず。
頼りすぎずにうまく使いこなして行けたらいいな。

2019年02月11日 (月) | 編集 |
ハチが死んだ。

ハチはすぐ近くに住んでいた白黒のハチ割れの男の子だ。
サリーちゃんと言う、キジトラの女の子にご飯をあげていたらいつの間にかやって来て、それからご飯をあげるようになった。

そこは近くの団地の敷地内で、住民からそこで猫にエサをあげるな、と言われて困っていたら、すぐ近くの一軒家に住んでいるMさんが敷地内でご飯をあげることを許してくれ、その数か月後にはMさんが私の代わりに朝晩ご飯をあげてくれるようになっていた。

サリーちゃんはすぐに捕まったのでずいぶん前に避妊手術が終わっていたけれど、ハチはかなり苦労して捕まえて去勢手術をしたのが2017年12月初めのこと。
ハチ、去勢手術完了
その時に血液検査をしたら、確か猫エイズの方だったと思うが、陽性だった。



それから時々口が少し痛くなってきていることは聞いていたが、ご飯をあげに行った時はカリカリも食べることができていたからそれほど心配はしていなかった。
最後にご飯をあげたのは昨年11月だったか、12月初めごろだったか?

昨日Mさんから電話があり、2日ほど不在にするのでご飯をあげに来て欲しいとのこと。
その時にハチの口の具合が悪く、あまり食べることができていないことを初めて聞かされた。

月曜日(11日)の夕方に伺う約束をして電話を切った時、すぐ病院に連れて行かなければならなくなった時のことが頭をよぎる。

去勢手術の時も苦労したから、今回捕まえることはできるだろうか?
ネットも破ってしまうほどの力だから、ネットにはやっぱり入れられないだろうな。
前回みたいにうまくキャリーに押し込むことができれば良いのだけれど。

月曜日は祝日だし、火曜日もいつもの病院は休みだから、別の病院に連れて行こうか、それとも水曜日まで待てるか、、などなど。

そして昨日(日曜日)の夕方も、今朝もシッティングが忙しいからと、ハチのところには行くことはなかった、、、、
そしたら、今朝の電話で、「ハチが死にました」と。

朝のシッティングを終わらせて帰りに寄ってみたら、ハチはお庭に埋葬された後だった。

ああ、ハチ。
そんなに悪くなっていたんだね。
あと少し待っていてくれたら、お口の痛みを減らしてご飯がもっと食べられるようにすることもできたかもしれないのに。
ごめんね、早く見に行ってあげなくて。

Mさんのところにはハチ用に段ボールでできた立派な小屋があったけれど、ウッドデッキの上のベッドで過ごすことも多かったようで、昨晩もそこで寝たまま亡くなったそうだ。

猫は亡くなる前には姿を隠すと言うけれど、ハチは隠れることもなく猫ベッドの上で亡くなっていたので、急に何かが起こって旅立ってしまったのではないかと思う。

昨晩寝る前はそんなつもりはなかったのに、夢の中に誰かお友達が現れて「おいしいのがお腹いっぱい食べられるからおいでよ!」と誘われて思わず飛んで行った、、みたいな。

そんな楽しい旅立ちだったら良いのにな、、と言うのは最後にお別れができなかった自分の気持ちが少しでも軽くなるようにと願っているからかもしれない。

Hachi_20171207-2.jpg


今日の夕方行ってみたら、サリーちゃんがぽつんとひとりでご飯待ちをしていた。
ハチはいつもサリーちゃんがご飯を食べるのを邪魔していたらしく、サリーちゃんはちょっとビクビクしている。
「もうハチはいないから、ゆっくり食べて大丈夫だよ」と言いながら涙が出てくる。

敷地の中にハチは眠っていて、Mさんが供えてくれた水仙がきれいに咲いていた。

IMG_2204.jpg

身体はごついけれど、甘えん坊だったハチ。
もっともっと長生きして欲しかったよ。
生まれ変わったら、またおいで。
また会えるのを待っているから。

2019年02月04日 (月) | 編集 |
今日の季節外れの暖かさ、暑いくらいでしたね!
久しぶりにコート無しで外に出ることができて身軽でした(*^▽^*)

さて、1年前の2月4日、シロッピーがまたケガをしてびっこ引いていたので病院に連れて行き、そのまま家に連れ帰って我が家の子になりました。

しずかちゃんが1月17日に亡くなって、お布団の中に誰もいなくて寒くなっていたところに来てくれたシロッピー。
毎日私の癒しとなってくれています。

Shiroppy_20190204.jpg

食いしん坊で、おでぶと私から呼ばれているシロッピーですが、大きなお腹をゆっさゆっさと揺らしながら遊んでいます。



誰とも仲良しと言うわけではなく、ほとんど2Fで独りで過ごしていますが、時々1Fに来て遊んだり、私の横で寝ていたりします。
他の女子はみんないじわるでシャーシャー言ったり猫パンチしたりしますが、ホッピーだけはシロッピーをいじめません。





外にいる時から猫に優しくしてもらったことはないのでしょう、シロッピーもホッピーにだけは心を開いているようです。



年明けに吐き戻しが続いたので病院に行きましたが、それ以外は特に問題もなく、よく食べよく遊び、ゴロゴロお腹を出してご機嫌さん。

寝顔が可愛くて、ついつい邪魔しちゃいます♥

Shiroppy_20181102.jpg

毎晩シロッピーと一緒に寝るのが待ち遠しい1年でした。
ベロベロなめられて寝られなくても、寝息(いびき??)が大きくても、いつでもそばで寝てくれるシロッピーに感謝!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。