FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
| Login |
2019年02月16日 (土) | 編集 |
今日は暖かで良いわ~と思っていたら、TVで松田町の河津桜がきれいに咲いている映像が流れてきました。
これから暖かい日が続くようなので、こちらの桜も今年は早く咲き始めるかもしれませんね♪

我が家では2011年2月末に買ったガラケーをずっと使用していました。

世の中ではどんどんスマホが浸透して行っていて、「ああ、、遅れている、、、」と思ってはいたのですが、タブレットとモバイルWifiを持っていたので、電話はガラケー、外でネットが必要ならタブレットを持ち出せばなんとかなっていたのです。

P1140318.jpg
この小ささも魅力なんですけどね

でもガラケーで使用している3Gと言う通信サービスが近日中に終了になると言うことで、携帯電話会社からも今の電話機が使えなくなりますよ、と悪魔のささやきが。

このままの携帯電話会社でスマホにすると高いので、Simフリーのスマホを買って、格安Simを入れることにしました。
ただ、いわゆる“2年縛り”が終わるのが今月なので、それよりも前に契約を解除すると違約金がかかってしまい、それも腹が立つので、格安Simの会社の安いキャンペーンを利用して昨年10月にスマホを購入。

それからLineを入れて、お友達に教えてもらいながら、やっとある程度スマホを使えるようになりました。

P1140319.jpg
なが~いおつきあい、よろしくね。

そして2年縛りが明けたこともあり、ガラケーとはさようならすることに。

スマホはタブレットに比べたら画面が格段に小さくて、いろいろ不便なこともあります。
でもガラケー時代には大きなサイズの添付ファイルを見ることができなかったり、ネットにつなげられずに不便なことも多かったので、今はその便利さがありがたいです。

いろいろなことができる反面、危険もいっぱいだし、スマホが使えなくなった時のダメージも大きいはず。
頼りすぎずにうまく使いこなして行けたらいいな。

2019年02月11日 (月) | 編集 |
ハチが死んだ。

ハチはすぐ近くに住んでいた白黒のハチ割れの男の子だ。
サリーちゃんと言う、キジトラの女の子にご飯をあげていたらいつの間にかやって来て、それからご飯をあげるようになった。

そこは近くの団地の敷地内で、住民からそこで猫にエサをあげるな、と言われて困っていたら、すぐ近くの一軒家に住んでいるMさんが敷地内でご飯をあげることを許してくれ、その数か月後にはMさんが私の代わりに朝晩ご飯をあげてくれるようになっていた。

サリーちゃんはすぐに捕まったのでずいぶん前に避妊手術が終わっていたけれど、ハチはかなり苦労して捕まえて去勢手術をしたのが2017年12月初めのこと。
ハチ、去勢手術完了
その時に血液検査をしたら、確か猫エイズの方だったと思うが、陽性だった。



それから時々口が少し痛くなってきていることは聞いていたが、ご飯をあげに行った時はカリカリも食べることができていたからそれほど心配はしていなかった。
最後にご飯をあげたのは昨年11月だったか、12月初めごろだったか?

昨日Mさんから電話があり、2日ほど不在にするのでご飯をあげに来て欲しいとのこと。
その時にハチの口の具合が悪く、あまり食べることができていないことを初めて聞かされた。

月曜日(11日)の夕方に伺う約束をして電話を切った時、すぐ病院に連れて行かなければならなくなった時のことが頭をよぎる。

去勢手術の時も苦労したから、今回捕まえることはできるだろうか?
ネットも破ってしまうほどの力だから、ネットにはやっぱり入れられないだろうな。
前回みたいにうまくキャリーに押し込むことができれば良いのだけれど。

月曜日は祝日だし、火曜日もいつもの病院は休みだから、別の病院に連れて行こうか、それとも水曜日まで待てるか、、などなど。

そして昨日(日曜日)の夕方も、今朝もシッティングが忙しいからと、ハチのところには行くことはなかった、、、、
そしたら、今朝の電話で、「ハチが死にました」と。

朝のシッティングを終わらせて帰りに寄ってみたら、ハチはお庭に埋葬された後だった。

ああ、ハチ。
そんなに悪くなっていたんだね。
あと少し待っていてくれたら、お口の痛みを減らしてご飯がもっと食べられるようにすることもできたかもしれないのに。
ごめんね、早く見に行ってあげなくて。

Mさんのところにはハチ用に段ボールでできた立派な小屋があったけれど、ウッドデッキの上のベッドで過ごすことも多かったようで、昨晩もそこで寝たまま亡くなったそうだ。

猫は亡くなる前には姿を隠すと言うけれど、ハチは隠れることもなく猫ベッドの上で亡くなっていたので、急に何かが起こって旅立ってしまったのではないかと思う。

昨晩寝る前はそんなつもりはなかったのに、夢の中に誰かお友達が現れて「おいしいのがお腹いっぱい食べられるからおいでよ!」と誘われて思わず飛んで行った、、みたいな。

そんな楽しい旅立ちだったら良いのにな、、と言うのは最後にお別れができなかった自分の気持ちが少しでも軽くなるようにと願っているからかもしれない。

Hachi_20171207-2.jpg


今日の夕方行ってみたら、サリーちゃんがぽつんとひとりでご飯待ちをしていた。
ハチはいつもサリーちゃんがご飯を食べるのを邪魔していたらしく、サリーちゃんはちょっとビクビクしている。
「もうハチはいないから、ゆっくり食べて大丈夫だよ」と言いながら涙が出てくる。

敷地の中にハチは眠っていて、Mさんが供えてくれた水仙がきれいに咲いていた。

IMG_2204.jpg

身体はごついけれど、甘えん坊だったハチ。
もっともっと長生きして欲しかったよ。
生まれ変わったら、またおいで。
また会えるのを待っているから。

2019年02月04日 (月) | 編集 |
今日の季節外れの暖かさ、暑いくらいでしたね!
久しぶりにコート無しで外に出ることができて身軽でした(*^▽^*)

さて、1年前の2月4日、シロッピーがまたケガをしてびっこ引いていたので病院に連れて行き、そのまま家に連れ帰って我が家の子になりました。

しずかちゃんが1月17日に亡くなって、お布団の中に誰もいなくて寒くなっていたところに来てくれたシロッピー。
毎日私の癒しとなってくれています。

Shiroppy_20190204.jpg

食いしん坊で、おでぶと私から呼ばれているシロッピーですが、大きなお腹をゆっさゆっさと揺らしながら遊んでいます。



誰とも仲良しと言うわけではなく、ほとんど2Fで独りで過ごしていますが、時々1Fに来て遊んだり、私の横で寝ていたりします。
他の女子はみんないじわるでシャーシャー言ったり猫パンチしたりしますが、ホッピーだけはシロッピーをいじめません。





外にいる時から猫に優しくしてもらったことはないのでしょう、シロッピーもホッピーにだけは心を開いているようです。



年明けに吐き戻しが続いたので病院に行きましたが、それ以外は特に問題もなく、よく食べよく遊び、ゴロゴロお腹を出してご機嫌さん。

寝顔が可愛くて、ついつい邪魔しちゃいます♥

Shiroppy_20181102.jpg

毎晩シロッピーと一緒に寝るのが待ち遠しい1年でした。
ベロベロなめられて寝られなくても、寝息(いびき??)が大きくても、いつでもそばで寝てくれるシロッピーに感謝!

2019年01月23日 (水) | 編集 |
2019年が始まってもう20日以上が過ぎ、あと1週間で1月も終わろうとしています。
ブログの更新、ずいぶんサボってしまいました、、、

12月末に2つほど書きかけたのですが、長くなってしまって収集がつかなくなって出せなくて、そんなことをしていたら今日になってしまい、、と言い訳。

年末に数軒のお客様から猫さんの具合が良くないので、旅行には行かずに一緒にいてあげることにしたと言うご連絡がありました。

腫瘍や結石などができてしまう子が多く、気をもんでいましたが、先ほどとうとうそのうちのひとり、アイちゃんが今朝お星さまになったとのこと。

アイちゃんは私がシッティングを始めた当初からのお客さまで、いつも玄関のところまでお迎えに来てくれる、とても人懐っこい猫さんでした。

Ai_201712.jpg
アイちゃん、どうもありがとう。また会う日まで待っててね。

シッターを始めてから6年半、お客様の猫さんもだんだんとシニア期に入って来ています。
みんなが1日も長く元気でいられるように願うばかりです。


杉畑のサクラちゃんはあれからずっと現れず、ミミちゃんひとりになってしまいました。

Mim_20190119-1.jpg
朝日がまぶしいよ!可愛いお顔見せたいのにー。

4年前のまだ子猫だった頃のミミちゃん。
ズビちゃんとズビちゃんのお兄ちゃんにはさまれておすまし顔。



こんな姿を見せてくれることも。
そんなに警戒していないってことかな、、?

Mimi_Dec.jpg
" />
きゃー、見ないでー!!あっち向いててー!


4年前にはこんな感じだった杉畑。
いろいろ考えさせられます。



外で暮らしていく猫たちの過酷な環境、その存在すら許してくれない人間の心の狭さ、、などなど。

どうやってこの子達を守って行くか。
どうやって地域の人に受け入れてもらうようにするのか。

日本全国でいろいろな人が同じようなことを毎日考えながら活動しています。
ゴールはなかなか見えないけれど、あきらめずに模索していくしかありません。


4年前には杉畑にいたポテコ、今はちょっと離れたところの畑に出没。

避妊手術の時に耳にVカットしてもらったのだけれど、今はこんな感じ。
カットしてあるかどうかとっても微妙な感じにしか見えません。

Poteko_20190117-1.jpg

名前の通り、お腹がポテポテしていて、妊娠猫に見えなくもないからなぁ、、。

今年もゆるゆるとブログを続けていきますので、どうぞよろしくお願いします

2018年12月09日 (日) | 編集 |
先日真夏日になるほど暖かな陽気が続いていたのに、何だかしっかり冬になってきましたねー。
手先も足先も冷たくなっている今日この頃です。

皆さん、クロマメを覚えていますか?
そう、4月中旬に首から下の毛がすべて抜けてしまって哀れな姿で現れた、あの子です。


保護する前の哀れな姿


真菌から回復し、リリース後は我が家の庭を拠点にして日々を過ごしていました。
キジトラのカツオ君とはすっかり仲良くなり、男同士なのにいつもベタベタしているんですよ♪

KatsuoKuromame_20181103.jpg
仲が良すぎるカツオとクロマメ。妬けちゃうな~


保護した当初から歯肉炎などで痛くてご飯を食べるのが大変だったクロマメ。
ふやかしたカリカリを食べていましたが、それでもここのところ痛みがひどくなり、大きな叫び声をあげることも何度か。
あまりに大きな声なので、100mくらい離れている大家さんの庭の犬がびっくりして吠え始める始末。

5月にリリースしてからだんだんと私に馴れて来たクロマメは、ドアが開いていると車の中や家の中に入ってくるようになっていました。
先週車の中に入って来た時にチャンス!と思ってドアを閉めて、洗濯ネットを使って捕まえることに成功。
病院に連れて行きました。

約7か月ぶりの病院です。

口の中を見た先生から、「これはひどい。さぞ痛い思いをしたことでしょう」と言われ、すぐに処置をした方が良いと、翌日手術してくださる手はずを整えてくださいました。

翌日無事に手術は終わりましたが、とにかく相当ひどくなっていて、歯肉炎はもちろんのこと、口内炎でほっぺたの内側や舌、のどの奥の方まで広がっていました。
まるでチャチャの時のようなひどさだったそうです。

歯は全部の臼歯を抜いて、犬歯(牙)と前歯のみ残っています。

Kuromame-teeth.jpeg
抜いた臼歯。


以前よりも落ち着いて、入院中もおとなしく良い子にすることができていたようです。

Kuromame_20181206.jpeg

術後は1泊させてもらってしっかり点滴をし、回復したところで翌日リリース。

今まではお腹が空いていても静かに外で座って待っていたのに、今は他の子のように鳴いてご飯を催促するようになりました。
まだウエットフードばかりあげていますが、口の中の潰瘍がきれいになくなれば、カリカリも食べられるようになることでしょう。

他の子のようにカリカリも食べられるようになって、体重もどんどん増えてくれたら、、と願うばかりです。

病院の消毒液の匂いをぷんぷんさせて戻って来てもカツオ君にはすぐに受け入れられ、いつもの犬小屋で一緒に寝ていました。
カツオ君に拒否されて追い払われたら大変!と思っていたので、ひとまず安心

寒くなって来たので発泡スチロールの箱でもう1つ猫ハウスを作ってそばに置いてみました。
庭には茶トラジンジャーや三毛猫ザラメも来るので、どちらかが入ってくれたらなぁと思って置いてみたのですが、、

House2018Winter.jpeg
右側の白いのが新しい猫ハウス

結果はカツオとクロマメがどちらも使っています。
犬小屋は中型犬用なので背が高く、猫2匹入っても空間が広くて寒いのではないかと思われます。
発泡スチロールの方は小さめですが、寝るだけなら2匹でも大丈夫なので暖かいのかもしれません。

これからの寒い冬、外の猫たちが少しでも暖かく過ごせる場所を見つけて、みんなで元気に春を迎えて欲しいです。