FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2020年04月27日 (月) | 編集 |
ゴールデンウィークは全部カタカナなのに、なんでステイホーム週間は“ウィーク”ではなく“週間”なんだろ?

な~んてことを考えながら家で過ごしてます。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

こちらは田舎なので家から一歩出れば田畑が広がり、裏には大山や弘法山など山々がそびえ立っているため、家の中にいても閉塞感がなくて助かっています。

外猫たちにご飯をあげに外に出ればすっかりリフレッシュ。

ニュースや情報番組を見ていると「家にずっと籠っていてストレスが溜まってパチンコに来てしまった」とか言う人がいて、自分は本当に恵まれた環境にあるんだなぁと改めて感謝、感謝。

さて、今日は我が家の最初の猫、シルバーの命日です。
もう10年になります。

シルバー


相方はあっという間だったと言っておりましたが、この10年間にはいろいろな猫との出会いと別れがあり、私としてはそんなにあっという間ではなかったなぁ、と言うのが実感です。

シルバーのところにもこちらからたくさんの猫たちが訪れて、にぎやかに暮らしていることでしょう。


先日大雨が降った日の夕方、ダブルレインボーが。

IMG_0721.jpg

普段なら、わー、すごいすごい、と思うところですが、この時思ったのは、

たくさんの人や猫たちが虹の橋を渡ることになって1つでは足りなかったのかな?

でした。
ひねくれすぎでしょうか?

あまり外出はしないですが、猫たちが調子が悪いとどうしても早め早めに病院に連れて行かなければいけません。
今は吠えるホッピーとクロマメの調子がイマイチです。

クロマメは4月に入ってもう2回も病院に行っているのに、またすぐにヨダレが出て来てご飯も食べられなくなります。
アゴにヨダレがついてかゆかったのか、後ろ足で掻いてしまい、ハゲてしまいました。

IMG_0752.jpg


ヨダレもこんな感じでダラダラしているので、ケージから出してフリーにしてあげられません。

IMG_0766.jpg


消炎鎮痛剤だけではどうもダメのようなので、今日は病院でステロイドのお注射を打ってもらいました。
1か月くらい効く強さのものなので、これでしばらくは調子が良くなると期待しています。

先週は4㎏くらいあったのが、今日はもう3.7㎏に減っていました。
これからまたご飯をいっぱい食べて4㎏超えになりましょうね、クロマメ!

IMG_0767.jpg


まだもう少し外出自粛をしなければなりませんが、自分が楽しめることを見つけて、ストレスを溜めないようにしてお過ごしくださいね。
2020年04月07日 (火) | 編集 |
いよいよ緊急事態宣言が出されました。
気候の良いこの季節に自由に外に出られないのは残念ですが、仕方がないですね。

今年のお花見は車の中からでした。

IMG_0612.jpg
私の好きな伊勢原市大住台の桜並木


実際2月中旬からシッティングの仕事はどんどんキャンセルが入り、GWの予約もほとんど入っていないし生活は大変ではありますが、それでもお客様がお出かけして感染してしまうよりは、猫さんと共にお家で過ごしてくださるのが一番だと思います。

怖いのは、お客様が感染してしまって猫さんを置いて入院しなければならなくなることです。
そういう可能性は十分考えられるので、シッターとしてはお客様の最後の砦として絶対にウィルスに感染することはできないと、日々気を引き締めています。

IMG_7811.jpg
はーい、気を引き締めてます、zzz

今日、お医者様をしているお客様からメールをいただきました。

「100均の綿手袋があるといいです。やたらと外のものを素手の触らない。部屋に入って外して手洗いです。洗って使い回してください。5個くらいはあってもいいと思います。」

gloves.jpg


家にいる時間が長いのでネット配信されているドラマや映画をよく観ています。

4月から始まるドラマやNHKの連続ドラマなどの放送延期が決まっているようですが、TV放映の時間も大幅にカットすれば良いのにと思います。

深夜の時間帯って昔は放送していなかったですよね?
(そんな時を知っているのは歳がばれる??)

IMG_7777.jpg
鳥がいっぱい出てくるのが見たいなー

我が家の猫たちは暖かくなってきたのでのんびりと過ごしています。

なぜかごめん寝するブラウニー。

IMG_0540.jpg

いつもホッピーのベッドにお邪魔虫のシロッピー。

IMG_0603.jpg

ホッピーは吠える頻度が増えて来ていて、よく吠えています。
でもこちらも慣れて来て、吠えるたびにオロオロするようなことはなくなりました。

GWが明ける時にはコロナの感染者も減って来て、みんながまた明るい気持ちで暮らしていけるようになっていると良いと切に願うばかりです。

最後に、最近保護した子猫たち。
半年齢くらいの男の子で、全然馴れなくて大変です!
でも可愛い

IMG_0614.jpg


IMG_0613.jpg

2020年03月18日 (水) | 編集 |
ミーコはよく頑張りましたが、16日午後6時半頃虹の橋に旅立って行きました。

多くの方に愛されたミーコ。
もうすぐ3歳になるころだったのに、短い猫生を駆け抜けて行きました。

IMG_0350

そして本日、ミーコのお葬式が執り行われました。

きれいなお布団を用意していただいて、、

IMG_0377.jpg

皆さんからいただいたたくさんのお花を飾ったら、本当にきれいでした。

IMG_0371.jpg

生前大好きだったご飯やおやつを抱きながら、花に囲まれたミーコに最期のお別れ。

IMG_0368.jpg

2時間後、ミーコは小さな壺に収まっていました。

IMG_0366.jpg

保護してから約半月と短かったですが、ミーコと過ごした時間はとても愛おしいものでした。

いつもお世話になっている猫カフェ にじのはしさんからいただいたお花に寄り添われて、ミーコは軽やかになった身体で飛び回っていることでしょう。

応援してくださった皆さん、どうもありがとうございました。
2020年03月16日 (月) | 編集 |
ミーコへのたくさんの応援、ありがとうございます。


IMG_0332.jpg
いつもご飯をくれていたIさんに会えて喜ぶミーコ


1日に保護されたミーコは、お薬の効果が出たのか食欲が戻って来ていました。
好きなものをいっぱい食べてもらおうと、こちらも今までミーコが好きだったご飯を準備します。

呼吸は相変わらず苦しそうではあるものの、スリスリしてきたりゴロンと横になって甘えてくる姿に癒されます。

でも、元気になったらケージから「出して出して」と破壊に走ることもあり、それはそれで困ったものでした。

IMG_0240.jpg
発泡スチロールの箱を破壊

先週金曜日にもう1度病院に行って胸に溜まった水を抜いていただきました。

約100ml抜けました。
前回もそうでしたが、血が混じっていて赤い水です。

血が混じっていると言うことは出血していると言うことなので、貧血気味でもあるかもしれません。

1か月効くと言う強いステロイドのお注射を打っていただき、また少し食欲が回復したようでした。

でも胸の腫瘍はどんどん大きくなって来ているようで、期待していたような効果は出ておらず、昨日からまた食欲がなくなってほとんど食べなくなってしまったミーコ。

IMG_0333.jpg


こんな風に腰パンをすると喜んでくれる姿を見るとやりきれない思いがありますが、いつか決断しなければいけなくて、その時は刻一刻と近づいています。

昔、やはりリンパ腫で胸に水が溜まって亡くなったズビちゃんは、かなり苦しくなるまで楽にさせてあげることができませんでした。

あと数時間でも早く病院に連れて行ってあげていたら、と今でも後悔しています。

ミーコがどんな状態になったら病院に連れて行って、先生に「楽にしてあげてください」とお願いしたら良いのか?
自分にずっと問いかけていますがまだ答えが出ません。

IMG_0294.jpg

2020年03月08日 (日) | 編集 |
3月1日に保護したミーコは、すぐに病院に連れて行きました。

IMG_0159.jpg
キャリーの中で怯えるミーコ

先生に症状を話したところ、「この子、猫白血病ウィルス陽性が原因の悪性リンパ腫の可能性がありますね」とのこと。

えっ?
猫白血病ウィルス陽性?
悪性リンパ腫??
君には新しいお家を見つけようとずっと思っていたのに?

想像もしていなかったことで、頭がクラクラして来ました。

今回呼吸が荒くなっていたのは、きっと何かの事故だろうと思っていたのです。
外傷はなかったので、自転車にぶつかったとか、誰かに蹴られたとか、他の猫に追いかけられてどこかから落ちたとか。

とにかくウィルス検査とレントゲンをお願いしました。

結果、先生の見立て通り、猫白血病ウィルス陽性で胸に腫瘍ができていて、水もかなり溜まっているということでした。

腫瘍は心臓と同じかそれよりも大きなもので、腫瘍から水が漏れだしていることもあり、そのため肺が膨らもうとしても圧迫されて膨らむことができなくて苦しいのだそうです。

ミーコは2017年秋に子猫で現れたので、生まれたのはその年の春~初夏です。
この春に3歳になるところで、白血病のウィルスを持っている子はこれくらいの時期に悪性リンパ腫になることが多いそうです。

治療としてはステロイドを飲んで様子を見つつ、他の薬も追加していくことでどれくらい延命できるか、と言うところのようです。

延命治療はミーコの苦しみを長引かせるだけのような気がするのですぐに楽にしてもらうことも考えましたが、とにかく1回は水を抜いてもらってお薬をいただいて連れて帰ることにしました。

肺から抜くことができた水の量は150ml。
300mlくらいは溜まっているようなのですが、腫瘍が大きくて針を刺したら腫瘍にあたってしまって水が抜けないのですって!

IMG_0170.jpg
ミーコを捕まえてくれた餌やりのAさんご夫婦が会いに来てくれました

連れて帰ってその晩はご飯は食べませんでしたが、翌朝になって少しずつ食べるようになりました。
2週間くらいはほとんど食べていないはずなので、痩せてしまって身体をなでるとあばら骨が浮き出ていました。

できるだけ好きなものだけを食べてもらえるようにして、1週間。
食欲は出て来て、まだガリガリだけれどもだいぶ元気にもなってきて、ケージから出してほしいアピールや外に出してくれアピールが強くなって、こちらを困らせます。

IMG_0263.jpg
ここから出してよー!


IMG_0227.jpg
お外に出たいよう!!


呼吸はやっぱり速めではあるものの、保護前のような大きな動きではなく、一見普通の状態に見えるミーコ。
もしあまり苦しくないのなら、ただの延命かもしれないけれど、治療を続けても良いかも、と思うようになりました。

ずっと外で怖い思いをして来たことでしょう。

あとどれくらい一緒にいられるかわからないけれど、ここで美味しいご飯をいっぱい食べて、寒さに震えることがなく、誰からもいじめられたり襲われたりするような心配をせずに歩き回ったり寝たりすることができて、最期に息を引き取る時に「人間と暮らすのも悪くなかったね」と思ってもらえるようにしてあげたいと、今は思っています。

IMG_0295.jpg
腰パンしてもらって喜ぶミーコ