FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2018年12月09日 (日) | 編集 |
先日真夏日になるほど暖かな陽気が続いていたのに、何だかしっかり冬になってきましたねー。
手先も足先も冷たくなっている今日この頃です。

皆さん、クロマメを覚えていますか?
そう、4月中旬に首から下の毛がすべて抜けてしまって哀れな姿で現れた、あの子です。


保護する前の哀れな姿


真菌から回復し、リリース後は我が家の庭を拠点にして日々を過ごしていました。
キジトラのカツオ君とはすっかり仲良くなり、男同士なのにいつもベタベタしているんですよ♪

KatsuoKuromame_20181103.jpg
仲が良すぎるカツオとクロマメ。妬けちゃうな~


保護した当初から歯肉炎などで痛くてご飯を食べるのが大変だったクロマメ。
ふやかしたカリカリを食べていましたが、それでもここのところ痛みがひどくなり、大きな叫び声をあげることも何度か。
あまりに大きな声なので、100mくらい離れている大家さんの庭の犬がびっくりして吠え始める始末。

5月にリリースしてからだんだんと私に馴れて来たクロマメは、ドアが開いていると車の中や家の中に入ってくるようになっていました。
先週車の中に入って来た時にチャンス!と思ってドアを閉めて、洗濯ネットを使って捕まえることに成功。
病院に連れて行きました。

約7か月ぶりの病院です。

口の中を見た先生から、「これはひどい。さぞ痛い思いをしたことでしょう」と言われ、すぐに処置をした方が良いと、翌日手術してくださる手はずを整えてくださいました。

翌日無事に手術は終わりましたが、とにかく相当ひどくなっていて、歯肉炎はもちろんのこと、口内炎でほっぺたの内側や舌、のどの奥の方まで広がっていました。
まるでチャチャの時のようなひどさだったそうです。

歯は全部の臼歯を抜いて、犬歯(牙)と前歯のみ残っています。

Kuromame-teeth.jpeg
抜いた臼歯。


以前よりも落ち着いて、入院中もおとなしく良い子にすることができていたようです。

Kuromame_20181206.jpeg

術後は1泊させてもらってしっかり点滴をし、回復したところで翌日リリース。

今まではお腹が空いていても静かに外で座って待っていたのに、今は他の子のように鳴いてご飯を催促するようになりました。
まだウエットフードばかりあげていますが、口の中の潰瘍がきれいになくなれば、カリカリも食べられるようになることでしょう。

他の子のようにカリカリも食べられるようになって、体重もどんどん増えてくれたら、、と願うばかりです。

病院の消毒液の匂いをぷんぷんさせて戻って来てもカツオ君にはすぐに受け入れられ、いつもの犬小屋で一緒に寝ていました。
カツオ君に拒否されて追い払われたら大変!と思っていたので、ひとまず安心

寒くなって来たので発泡スチロールの箱でもう1つ猫ハウスを作ってそばに置いてみました。
庭には茶トラジンジャーや三毛猫ザラメも来るので、どちらかが入ってくれたらなぁと思って置いてみたのですが、、

House2018Winter.jpeg
右側の白いのが新しい猫ハウス

結果はカツオとクロマメがどちらも使っています。
犬小屋は中型犬用なので背が高く、猫2匹入っても空間が広くて寒いのではないかと思われます。
発泡スチロールの方は小さめですが、寝るだけなら2匹でも大丈夫なので暖かいのかもしれません。

これからの寒い冬、外の猫たちが少しでも暖かく過ごせる場所を見つけて、みんなで元気に春を迎えて欲しいです。

2018年11月22日 (木) | 編集 |
今日は“いい夫婦”の日と言うことですが、私には“ワンワンニャンニャン”の日です~o(^▽^)o

現在神奈川県知事は“殺処分ゼロ”を推進していて、動物保護センターでも犬猫の殺処分が行われていません。
だからと言って無条件に喜ぶことはできないんです。

だって、、、

犬の状況はよく知らないので猫のことだけ話しますが、動物保護センターには引き取ってほしいと持ち込まれる猫がどんどん増えていて、すでに100匹以上の猫たちが収容されているのです!

center_20181122.jpg
※クリックして大きい画像でご確認ください。


一緒に暮らしていた方が亡くなったり、ご高齢の方が入院や介護施設に入るために手放したりと言う理由の他、多頭飼育崩壊や引っ越し等で飼えなくなったと言う理由でセンターに来る子もたくさんいます。

今年の始めは確か30匹くらいで、それでも多すぎて大変と言うことだったと思いますが、いつの間にか100匹を超えていてビックリ。
みんなケージの中に入っていて、もう1年以上もセンターにいる子も。

このポスターに載っている子達はほんの一部ですが、収容されている子の中でもおススメの子達だと思われます。

子猫は子猫の可愛さがありますが、育て方で性格も大きく左右されるので、もうある程度性格が見えている成猫の方が暮らしやすいと言うことも多く、譲渡会でも成猫が欲しいと言う方も増えているんですよ♪

もし気になる子がいましたら、センターに直接お問い合わせいただいても良いですし、私にご連絡いただいても構いません。
(この子達以外の子に会ってみたいと言うようなご相談もありましたらお知らせください。)

★動物保護センター 犬猫譲渡 情報HP

★私へのメールは aigo★nekokawaigari.jp まで (★を@に変えてくださいね)


1匹でも多くの子がセンターのケージから出て、暖かなお家でノビノビ、ヌクヌクと新年を迎えることができますように。


2018年09月09日 (日) | 編集 |
クッキーは我が家で落ち着いているのか、そうでないのかよくわからないです。

こんな寝姿を見ると、少なくとも緊張しているようではないですが、、

Cookie_20180903-1.jpg
アタチ、バンザーイ!

でも外にいた時も同じような感じでしたから、結構順応性が高いのかな?

Cookie201406.jpg
お外でもバンザーイ!

捕獲してすぐに病院に連れて行き、血液検査や駆虫をしてもらいました。

もう11歳にはなっているはずですが、腎臓や肝臓の数値はまったく問題がなく、さらにずっと外にいて、絶対病気を持っていたと思われるオスのチビと身体をなめ合っていたにもかかわらず、猫エイズと猫白血病のウイルスは陰性でした。

この結果には私もびっくりです。

我が家のブラウニーやホッピーはもうそれなりの高齢なので、ウイルスが陽性の子が来たとしてもそれほど気にはしていませんでしたが、まだ1歳ののんちゃんがいるので、クッキーが悪い病気を持っていたら嫌だなぁとは思っていたのです。

でもその心配がなくなったことは本当にラッキーでした。

Cookie_20180906-2.jpg
あっかんべー、だ!

我が家に来てからもう1週間以上経ちますが、なかなか鳴き止まないクッキー。
さらに窓が開けば出て行こうとし、窓と網戸の間にグイグイ頭を入れて逃げようともしています。

今日までは暑くてエアコンを使い、窓は閉め切るようにしていたのですが、明日から気温が下がってくるようなので、窓を開けても網戸との間に頭を入れることができないようにしました。

Window_20180909-1.jpg
3本の突っ張り棒と10枚のワイヤーネットお買い上げ!

100均でも400円商品でしっかりしたつっぱり棒が買えて助かりました。
これで大丈夫そうなら、2Fの窓も順次脱走防止策をしようと思います。

脱走防止はできたけれど、鳴くのを止めさせる対策と言うのはまだ見つかっていません。
これは時が解決するしかないのでしょうか?

あまり鳴く時には相方の手前、自分が外出をすることもできず、先日は愛護推進員の集まりをドタキャンし、今日はボランティアの定例会をドタキャンしてしまいました。

なにもせずにこのままただ待っているだけではいつまでかかるかわからないので、数日後にはアニマルコミュニケーターの方にクッキーの気持ちを聞いてもらうことになっています。
同時に私の思いも伝えてもらいます。

さて、どうなることやら。

またご報告しますので、クッキーのこと引き続き応援していてくださいね♪
2018年09月08日 (土) | 編集 |
クッキーには隠れファンがいたようで、「クッキー、お家に入れてよかったね!」と言う声をたくさんいただきました。
ご心配いただいてありがとうございます。

8月30日に我が家にやって来たクッキー。
まずはケージに入れてみんなと対面し、数日後にケージから出し1Fの部屋の中をフリーにして、、と計画していました。

まずは病院から運んできたキャリーごとケージに入れて様子を見てみましたが、ケージに入れた途端、キャリーの上に乗って「出してくれー!」と鳴き始めたクッキー。

P1140221.jpg


P1140222.jpg
私は自由が好きなのよー!

まだ声が枯れていてそれほど大きな声は出せないものの、こういう時は全身の力を込めて鳴くので結構大音量。
時々ケージから出して抱っこして気持ちを静めてもらいます。

2日目には私が一緒の時にケージのドアを開けて、キッチンエリアまで行けるように。
ケージの向かいに置いてある大きめのキャリーの中に入ってくつろぐこともありました。

P1140223.jpg
ケージより落ち着くわ♪

ケージやキッチンの中でもくつろいでいるように見えますが、、、

P1140224.jpg

最初の数日は他の子達はみんな2Fに行ってしまい、全然下りてきません。
網戸越しにクッキーと交流があったとはいえ、実際に家に入ってくると全然違うようです。

P1140225.jpg
このマット、座り心地が良いわ~

ケージから出してしまうと、もうケージにじっとしていることはできません。
戻しても「出して、出してー!」と鳴くので、計画よりも早めにケージから出すことに。

他の子達はますます1Fに来られなくなり、1日の大半を2Fで過ごしています。

でも夜寝る時はシロッピー以外はみんな1Fで寝てもらうので、それぞれがそれぞれの場所に落ち着いて寝るのを見届けてから私は2Fへ。

これが難しい。

落ち着いたと思っていてもクッキーが急に起き出して鳴き始め、そのままにしていると窓の方に行って、だんだん興奮してきて音量も大きく鳴くのです。

夜寝ようとしている時にこれをやられると、本当に困るんです。

ご存知の通り、我が家には“音”にうるさい相方がいて、眠りを妨げられるのを何よりも嫌うと言う面倒なオトコなんです。

翌日話を聞いてみると、夜は耳栓をして寝ていてあまり気にならなかったとのこと。
あ~~、良かったー!! ホッとしたぞー。

でも昼間は耳栓しないので、クッキーの大音量の鳴き声は相方の神経をすり減らして行くのでした。

つづく。

2018年09月06日 (木) | 編集 |
日本各地で豪雨や台風、地震が発生し、多くの方が被害に合われています。
被害に合われた皆様にお見舞いを申し上げると共に、1日も早く普段の生活に戻れますよう、お祈り申し上げます。

さて、そんな方たちの足元にも及びませんが、我が家もちょっと大変なことになってます。

先週水曜日に外にいたクッキーを捕まえて、家の中に入れました。

Cookie_2008.jpg
2008年夏、最初に会った頃のクッキー


(クッキーのことを知らない方はこちら3月26日の記事の下の方をご覧ください。)

昨年春、仲良しのチビがいなくなってからもクッキーは外にいましたが、この春はたくさん若くて新しい子が庭にやってくるようになり、そのうちのジンジャーと呼んでいる茶トラの男の子がものすごい勢いでクッキーを追いかけまわし、襲い掛かっているのを何度も目撃しました。

もうクッキーを守ってくれるチビはいなくて、クッキーは我が家の庭に来なくなってしまいました。

Cookie_2009-2.jpg
2009年夏のクッキー。まだ避妊手術してません


ふと見ると隣のお家の庭に来ていたり、向かいのマンションの駐車場の隅にひっそりと座っているクッキー。
それも昼間は出て来られず、暗くなってからご飯をもらいにやって来るのです。

それでも周りを徘徊しているジンジャーや他の子にいつもビクビクして、ご飯もゆっくり食べることができず、時には私の姿を見ただけで遠くに行ってしまうことも。

さらに捕獲する数日前からはケンカをしたせいか、声が出なくなっていて、隠れているとどこにいるのかわからないこともありました。

このままでは完全に来られなくなって弱ってしまい、チビのようにもう会えなくなってしまう、、
チビはここを去る時にもうクッキーを守ることができなくて無念だったことだろう、チビはきっと私たちにクッキーを託して行ったに違いない。

そう思うと、もう居ても立ってもいられません。
よく馴れているので抱き上げて捕獲器に入れて、そのまま病院へ。
ノミのお薬などつけて1泊させてもらい、先週木曜日に我が家にやって来ました。

Cookie_2009-1.jpg
2009年夏のクッキーと子猫たち。この後避妊手術しました


続く。