FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
2017年12月23日 (土) | 編集 |
街はすっかりクリスマス気分ですね。
我が家は何もクリスマスっぽいことはしていなくて、猫たちといつものようにマッタリと過ごしております。

ホッピーの左前脚の付け根と言うか、脇のようなところにしこりがあるのに気づいたのは夏前。
すぐに病院に行きましたが、細胞を取って院内で検査する限りでは悪いものではなさそうでした。

それから数か月経ち、少ししこりが大きくなってきたようだったので、今回手術して取ることに。



11日に手術していただき、取ったしこりは外注の検査へ。

Hoppy-2.jpg
手術の日の朝はご飯くれないの?なんでー?

手術した日の夜に元気に戻って来たホッピー。
手術した部分に包帯はしてあるものの、すぐにずれて足先の方まで落ちて来てしまいました。

脇の下を大きめに切ってしこりを取り出しているため、傷の部分はなめてしまわないようにして欲しいとのこと。

エリザベスカラーをつけたらパニックになってしまって、トイレもまともに使うことができず、何度も行ったり来たりしてしまいます。
仕方がないので、カラーをはずして包帯を肩から回してぐるぐる巻きに。

Hoppy-3.jpg

少し動きにくいようでしたが、パニックからは解放されました。

数日はそれでも良かったのですが、15日になるとぐるぐる巻きの包帯を取りたくてたまらないようで、ヒステリックな鳴き方をするようになりました。

夕方病院に行ってみると、傷は少し開いてしまっているし、包帯がすれて周りの皮膚がただれてしまっているとのこと。
そのまま即入院となりました。

17日(日)まで入院し、病院でカラーにも少し馴れてもらい、一旦帰宅です。
家でも1晩はカラーをつけておくことができました。

Hoppy-4.jpg

戻って来ても具合はあまり良くないのか、ほとんど寝ていてあまり食べたり飲んだりしませんでした。
病院ではちゃんと食べていたそうなのですが、、、

翌日月曜日に再度病院に行き、開いた傷を縫っていただきました。
今度は傷が開かないように数日入院してもらうことに。

水曜日の夕方迎えに行き、再び戻って来たホッピー。

猫友のKさまより、紙コップを使った手作りのカラーの作り方を教えていただきました。
その時にカラーの向きを逆にすると顔が出て、カラーが邪魔するからなめるのを防ぐことができることも教えていただき試してみたところ、これがホッピーには良かったようです。

Hoppy-5.jpg

紙コップだと背が低いのでちょうど傷のところにカップのふちの固いところが当たってしまうのですが、持っていたカラーはもう少し長めなのと柔らかい素材なので傷に当たることがありません。

腕を伸ばすと少しなめることはできてしまうものの、傷自体をなめることはできないようです。

カラーを逆に着けるなんて考えもしませんでしたが、素晴らしい発想ですね!

Hoppy-6.jpg

今朝また病院に行きましたが、皮膚がただれていたところはだいぶ良くなっていました。
ただ傷はやはり動くことで開いてしまっていました。

でも傷が膿んだりしてこない限り、このまま肉が上がって来るのを待とうと言うことになり、それを助けるためのクリームを塗ることに。

これから2か月近くかかるそうですが、ホッピーならきっと頑張ってくれると信じています。

ホッピーは年齢不詳ですが、10歳は超えていて14歳のブラウニーと同じくらいかもしれないので、今回の手術の時に歯の治療もお願いしました。

奥歯の抜歯くらいは覚悟していたのですが、歯はきれいで歯石を取るだけで済みました。

で、先生に「歯がきれいってことはこの子、ひょっとして若いのですか?」と聞いたところ、

「いや、顔が老けているから、やっぱり10歳は超えていると思いますよ」、と先生。

あら、失礼しちゃうわね
ホッピーは私の永遠のボーイフレンドなんだから。
おじいちゃん扱いしないでー!
2016年05月31日 (火) | 編集 |
今日で5月も終わり。
今月はGWがあっただけでなく、忙しかったー!

5月の最終日である今日は、会議への参加。
秦野市では現在猫の適正飼養に関するガイドラインを作成中らしく、たたき台を元に意見交換会。

夏ごろ完成を目標にしているらしいので、さてどんなものができあがってくるか?

さて、5月3日に我が家に来たしずかちゃんはだいぶ元気になったようです。
それはまた別の日にしっかりご報告するとして、今日はしずかちゃんが来てからいろいろ後回しにされている3匹のお話です。

しずかちゃんの部屋に行くとどうしても時間を忘れてしまうんですよね(@_@;)

ある日の夕方、しずかちゃんのいる2Fから1Fに下りて来てみると、、、


あのー、ボク達ずーっと待ってるんですけど、、、

あ、、、ホッピーの顔がコワイ

Hoppy_20160512.jpeg
もう限界なんですけどー

ブラウニーもこの不満顔

Browny_20160512.jpeg
ちょっといったい何考えてんのよ!こんなに待たせるなんて、プンッ!!

このオトコは体力温存型、、、

Chacha_20160512.jpeg
お腹が空きすぎて、もう動けないよー

みんな、ゴメンゴメン。
待たせた分、おいしい缶詰のご飯をあげようね♪

ガツガツと何度も食べる子、気をつけてあげないとすぐに吐き戻す子、ちょっと食べたらすぐに飽きて食べるのをやめ、また戻って来てご飯を要求する子、などみんなの癖や好みを見ながら満足してもらえるまで長い時間をかけて3匹の猫さまへのご飯をあげる下僕でした((^∀^*))
2013年06月02日 (日) | 編集 |
5月も瞬く間に過ぎ去り、6月に入りました!
梅雨の期間ですが、今日は何とさわやかなこと。

こんな日はできるだけ外で過ごしたいですね。

でも猫達は外には出せないのでお部屋の中で寝てもらってます

最初ホッピーだけでベッドに寝ていましたが、気付いてみるとあいつが入り込んでます

P1010261.jpg

チャチャのお尻はベッドのへりに乗っかっています(笑)

しばらくしてもう一度見に行ってみると、、、

P1010263.jpg

ホッピー、完全にベッドから追い出されてしまいました~

別の日はこんな感じで仲良くベッドに入ることができていたのですけれど。

P1010307.jpg
だってお兄ちゃんと一緒に寝たいんだもん♪

どちらにしてもホッピーにとっては良い迷惑です、、(汗)
暖かくなってきたのでベッドの外で寝ても良いですけどね。

そろそろこのベッドも終わりです。
冬の間あんなに人気だった1Fのベッドはもう誰も使わなくなりましたから。
新しく買ったカゴにバスタオルを敷いた新しいベッドを準備しましょ。
2011年07月19日 (火) | 編集 |
6月生まれなので暑いのは結構大丈夫なのですが、さすがにこの夏の暑さには参っています

7月8日に病院に連れて行って尿検査をした結果、菌も出てこずPH値や濃さも問題ないということで、念のためいただいていた抗生物質を16日に飲み終わったホッピー。

もう大丈夫だね、と安心したのもつかの間、昨晩というか今日の真夜中にまた何度もトイレに。

夜は静かに寝たいというパートナーは2Fで一人で寝て、私は猫たちと1Fでドアとほとんどの窓を閉めて寝ています。
昨日は仕事がとてもハードでとても疲れていたため9時に寝始めた私ですが、あまりの暑さに目が覚めたのと同時にホッピーがトイレに行きました。

ちゃんとおしっこが出ている音をバックで聞きながら、保冷剤をタオルにくるんでいると、またホッピーはトイレに。
それから1時間トイレやタオルを敷いてあるところ、カーテンを忙しそうに歩き回っては力みます。
そしてところどころに数滴のおしっこをたらしてしまったのを私は拭いてまわり、ようやく1:30すぎに落ち着いたので保冷剤を体に当てて眠ることができました。

暑さでよく寝られなかったのと、昨日からの疲れとホッピーを心配するのに加えて、今日は会社で健康診断でした。血液検査をするので水以外の飲食は禁止され、ふらふらしながら会社に出勤しました。
健康診断の後でおにぎりやお菓子を食べても頭がぼーっとして、あまり仕事にならないので午前中で切り上げて焼肉用の肉とかつおのたたきを買って帰りました。

家に帰ってみるとトイレに血尿を発見。
肉とオクラを焼いてまず自分自身に元気をつけ、さっそく午後の診療にホッピーを連れて行きました。

前回いただいた抗生物質が終わってからまだ数日しかたっていないのにまた症状が出るのはちょっと早すぎるかも、ということですが、膀胱に尿が残っていないので調べることもできず、金曜日にまた連れて行って調べていただくことに。それまでまた抗生物質です。

抗生物質

暑さでぐったりしてはいますが、食欲は全く衰える様子はなく、空のお皿の前でうらめしそうにこっちを見るホッピーです。

P1000136.jpg

でも昼に買ったカツオのたたきを1/3くらい私から取って食べちゃったんですよ~


2011年07月09日 (土) | 編集 |
今日は写真がないので、へたくそな文だけですがお許しください、、、

ホッピーが血尿のために病院に行って、お薬をもらってから1週間が経ちました。

1日2回小さくカットされた抗生物質を飲ませることは、食いしん坊のホッピーには難しいことではなく、毎回ちゃんと飲んでくれました
一度ウ○チがゆるくなったことはありましたが1回だけでしたし、薬を飲み始めて数日後にはトイレへの行き来がなくなり、トイレに行ったら1回でちゃんと出るようになったみたいです。
でもまた1日1回のおしっこというペースに戻っちゃいました。


7月7日金曜日に再び病院に連れて行って検査をしてもらったところ、桿菌は消えていました!
念のためもう1週間分のお薬をもらって帰って来ました。

そのときのおしっこを見た獣医さんが「濃くて良いおしっこです。」とおっしゃいました。
私たち夫婦はいつも自分たちのおしっこが「今日は濃いから水を飲む量が足りていないんだ、もっと水を飲まなきゃ」と、濃いおしっこは良くないものと思っていたので、ちょっと「?」と思ったものの、猫は濃いのが良いのかな~なんて単純に割り切ってしまいました。

しっかり検査をしていただいたおかげで、ホッピーはPHコントロールする食事を無理に取らなくて良いことがわかったことが今回の最大の収穫です。

前の獣医さんにPHが高いとか結晶があるとか言われてパニックになって療法食を買いこんでしまいましたが、必要ないかも。でも買っちゃったから徐々に食べてもらおうかな。