FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
| Login |
2018年09月09日 (日) | 編集 |
クッキーは我が家で落ち着いているのか、そうでないのかよくわからないです。

こんな寝姿を見ると、少なくとも緊張しているようではないですが、、

Cookie_20180903-1.jpg
アタチ、バンザーイ!

でも外にいた時も同じような感じでしたから、結構順応性が高いのかな?

Cookie201406.jpg
お外でもバンザーイ!

捕獲してすぐに病院に連れて行き、血液検査や駆虫をしてもらいました。

もう11歳にはなっているはずですが、腎臓や肝臓の数値はまったく問題がなく、さらにずっと外にいて、絶対病気を持っていたと思われるオスのチビと身体をなめ合っていたにもかかわらず、猫エイズと猫白血病のウイルスは陰性でした。

この結果には私もびっくりです。

我が家のブラウニーやホッピーはもうそれなりの高齢なので、ウイルスが陽性の子が来たとしてもそれほど気にはしていませんでしたが、まだ1歳ののんちゃんがいるので、クッキーが悪い病気を持っていたら嫌だなぁとは思っていたのです。

でもその心配がなくなったことは本当にラッキーでした。

Cookie_20180906-2.jpg
あっかんべー、だ!

我が家に来てからもう1週間以上経ちますが、なかなか鳴き止まないクッキー。
さらに窓が開けば出て行こうとし、窓と網戸の間にグイグイ頭を入れて逃げようともしています。

今日までは暑くてエアコンを使い、窓は閉め切るようにしていたのですが、明日から気温が下がってくるようなので、窓を開けても網戸との間に頭を入れることができないようにしました。

Window_20180909-1.jpg
3本の突っ張り棒と10枚のワイヤーネットお買い上げ!

100均でも400円商品でしっかりしたつっぱり棒が買えて助かりました。
これで大丈夫そうなら、2Fの窓も順次脱走防止策をしようと思います。

脱走防止はできたけれど、鳴くのを止めさせる対策と言うのはまだ見つかっていません。
これは時が解決するしかないのでしょうか?

あまり鳴く時には相方の手前、自分が外出をすることもできず、先日は愛護推進員の集まりをドタキャンし、今日はボランティアの定例会をドタキャンしてしまいました。

なにもせずにこのままただ待っているだけではいつまでかかるかわからないので、数日後にはアニマルコミュニケーターの方にクッキーの気持ちを聞いてもらうことになっています。
同時に私の思いも伝えてもらいます。

さて、どうなることやら。

またご報告しますので、クッキーのこと引き続き応援していてくださいね♪