ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2013年06月23日 (日) | 編集 |
猫や犬はこの世の生をまっとうすると虹の橋を渡り、向こうで楽しく暮らしながら生前一緒に暮らした大好きな家族を待っていてくれると言います。

昨日あやちゃんという猫さんが虹の橋を渡りました。

aya-chan

道端で知らない野良猫が死んでいるのを見たらとても悲しいです。
少しでも自分と関わりがあった猫だったらもっともっと悲しい、、。
自分の家族なら心が張り裂けんばかりに悲しい。

でも、アニマルコミュニケーターさんが書いている著書を読むと、どの方もみんな「死」というものは肉体がなくなるだけで次の次元に魂が進むことというようなことが書かれています。
だからコミュニケーターさんの中には動物の死後も交信することができて、彼らのメッセージを伝えてくれる方もいらっしゃいます。

だからあやちゃんもきっと光のエネルギーとなって私たちを包んでくれていると思います。

頭ではそのように考えようとしても、私のような凡人は見えるものしか見えず、感性が研ぎ澄まされていないので寂しさが募るばかりなのですが、、。

きっとある日、何気ない時に、何かいつもと違うものを感じて、それがあやちゃんであったり、我が家のシルバーからのメッセージだと思えるのではないでしょうか。

そんな日が待ち遠しいです。

あやちゃん、どうもありがとう。今度は元気な姿で会いましょう!
コメント
この記事へのコメント
突然お邪魔します
あやちゃんのママの友人です。
今更なのですが、ごめんなさい、この記事を読んで
とても共感したのでコメントしてしまいました。
私も凡人だし、愛ある動物に執着してしまうので、その死を前向きに受け止める心境に達することなんて不可能です。
わかってはいても…。
でも、近年は、その猫にたくさん愛されてた自分を
大事にしなくちゃ、って思えるようにはなりました。
それだけですが…。
あやちゃんのママ。
今はコトバもありませんが、時間の魔法が痛みを和らげてくれますように。
そして、深い愛でシッターという仕事をされているココの管理人さんに敬意を送ります。
頑張って下さい!
2013/07/15(Mon) 19:56 | URL  | nico #-[ 編集]
Re: 突然お邪魔します
nicoさま

コメントいただいてましたのに、返信が遅くなって申し訳ありません

私はあやちゃんとほんの少しの交流しかなかったのにこんなに悲しいので、ずっと看病されていたあやちゃんのママのお気持ちはいかばかりでしょう。
でも早いもので、もうすぐ1カ月になろうとしています。
きっとあやちゃんはママのところに来て悲しまないでね、と言っていることでしょう。
2013/07/19(Fri) 19:51 | URL  | シルブロ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック