ネコ達と奮闘する私の毎日
| Login |
2010年02月13日 (土) | 編集 |
外で暮らしているクッキー(♀年齢不詳)は2008年夏お腹が大きいときに家にエサをもらいに来て、そこから私との付き合いが始まりました。
クッキー

その時には5匹の子猫が生まれ、1匹だけお岩さんのように目が腫れている子がいたので捕まえて病院に連れて行きました。その子の話はまた今度します。

それから2009年春、夏と2回子猫が生まれ、夏に生まれた子は4匹のうち3匹に新しい家族を見つけることができました。1月24日に新しい家族にもらわれていった2匹は、避妊手術を12月に受けてからずっと夜だけは寒さから守るために家の中に入れていたため、もう自分の家族のようでした。

もらわれた日もその次の日も涙が止まらない程悲しく、どうしているのかずっと気になっていましたが、今日新しい飼い主さんからお電話をいただいて近況を聞くことができました。2匹ともとても良い子にしていて、特に私のところではやんちゃですぐにカーテンによじ登ったりしていた子の方がおとなしくしているそうです。もらわれた当初はちょっと風邪を引いていたり耳ダニがついていて治療を要したそうで、申し訳なかったです。もう1匹の方もかわいく鳴くけれども動物病院に行ってもおとなしくてよい子だと聞き、「新しいお家でかわいがってもらえているだろうか」、「もう嫌だと思われていないだろうか」という心配も吹き飛び、やっと私も次の一歩が踏み出せそうです。
PA250399.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック