ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2014年09月06日 (土) | 編集 |
ここ数日蒸し暑く、また汗もが出て来てしまい痒い痒い、、
東京ではデング熱で戦々恐々としているようですが、こちらにもヤブ蚊がたくさんいて毎日たくさん刺されてしまうので、汗もと合わせてこれまら痒い痒い、、、(涙)

畑の4匹はみんな元気です。
少し前にクロの尻尾の付け根が10円玉くらいの大きさでむけて血が出ていたので心配したのですが、病院に連れて行くこともなく、持っていた抗生物質を飲んだら化膿せずに良くなりました。

背中もきれいになって毛がフサフサになって、遠くから見たらチビクロと見分けがつかないし。

kuro_20140906.jpg

チビクロはエルちゃんやアールちゃんにちょっかいを出しては怒られてるし。

chibikuro_20140906.jpg

エルちゃんは避妊手術後、近寄ると逃げてしまって触らせてくれなかったけど、最近許してくれたみたいでナデナデさせてくれます。やっぱりそうでなくっちゃ。

L_20140906.jpg

アールちゃんはちょっと離れた畑に遊びに行くことが多いようで、今日は写真は無し。
でも木に登って鳥を捕まえようとしたりして、おてんば娘全開です(笑)

畑のおじさんから、ここ数日別の猫が来ているとの情報。
あ、来ました。

newkiji_20140906.jpg

キジトラの男の子です。
ちょっと前にこの畑に来ていたキジトラの子猫とは別の猫のようで、もっと大きいです。
ご飯を出したら近くまで来て、他の子がシャーッと言っても気にしていなかったから、このままここに居座ることができるかな?

もしずっとここにいるなら手術だからね。


この畑の猫達がひとまず手が離れたので、問題の多い鶴巻のポンプ場の方へ8月中旬以降寄っています。
一時期こちらの畑に来ていたお腹の大きな第3の白黒が子猫と一緒にポンプ場のエリア内にいるのも数日前に発見。
でもその日以降はどこにもいません。

ポンプ場から50m程離れたところにキジトラの子猫が3匹と母猫が1匹いました。
毎日会えるわけではないのですが、会った時はご飯をあげて馴らしています。

左の2匹は兄妹のようですが、右側の女の子はどうも母親が違うようです。

three-kiji_20140906.jpg

この3匹は比較的早めに捕まえて手術することができそう。

問題はこの母猫。

kijimama_20140906.jpg

子猫達が食べている時も数m離れて見守っていて、全く近寄る気配なし。
この母猫を捕まえるのは難しいぞ。

近くの畑の方や住人の方に聞き込み調査を行ったところ、どうもポンプ場周辺には10匹近くの猫(子猫含む)がいるらしい。そして朝6時半頃餌やりさんが来てご飯をあげていくそうな。

今日話を聞いた人達は猫を排除したいとは思っていなくて、やはり増えることを心配しているようなので、3匹のキジ子猫は早々に手術する予定だと話すと喜んでた。畑でおしっこされることは気にしていなくて良かったー。

でも近所の人はゴミを猫が漁りに来ると、外につながれている犬が吠えて夜寝られないと苦情を言っているということも聞いた。ゴミを夜捨てている人に文句言おうよ。猫に文句言うのはお門違いでしょ。

鶴巻温泉の駅近くの昨年子猫達がいたところには白猫の親子(母猫+子猫2匹)がいたし、どんどん捕まえて手術しないとまた次の春にはたくさん子猫が産まれちゃうよー!!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック