FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
2019年03月02日 (土) | 編集 |
今日はぽかぽか陽気で気持ちの良い1日でしたね。
3月に入り、こういう暖かな日が増えてくるのでしょうか?

我が家の近くには用水路とその先にポンプ場があります。
外の子のところに歩いてご飯をあげに行くときは用水路沿いにテクテクと歩いているといろいろな生き物に出会います。

いつもいる鯉の他に、この時期は鴨や鷺、暖かい時期にはモグラが落ちていたりヘビやザリガニなんかに会うことも。

用水路の深さは場所によってまちまちなのですが、鯉の身体の一部が水の上に出ていることがよくあります。

わかりにくいと思いますが、白っぽい部分が水の上に出ています。

IMG_2309.jpg

IMG_2308.jpg

これは用水路の深めの部分で、浅いところはもっと浅くて水深5㎝程度のことも。
当然そういうところに鯉はあまりいないのですが、2月の終わりの寒い朝には身体のほとんどの部分が水の外に出ていて動けなくなっている鯉が数匹いました。

元気な鯉は身体をクネクネさせながらなんとか別の場所に移動していったようですが、私が見る限り2匹は完全に動けなくなり、寒さの為かそのままの形で息絶えてしまっていました。

後日1匹の死骸がありましたが、水が少ないので流れて行くこともなく、数日そのままの場所に横たわったままでした。
この写真は身体が浮いているのではありません。

IMG_2310.jpg

昨日の雨でようやく流れて行ったらしく、今朝はその姿はありませんでした。

この地域は雨がたくさん降ると浸水被害がひどかったらしく、用水路とポンプ場を作って大根側に排水すると言う仕組みを作ったそうです。

市役所に用水路の水深をもう少し深くすることができないのか聞いてみたところ、ポンプ場は強制排水するだけの施設なので水深をコントロールすることはできないと、冷たい返事が返ってきました。

27億円以上かけて作ったポンプ場ですが、これはいったいどういうことでしょう??

よくわかりませんが、用水路の(?)水深が一定以上になったらポンプ場が作動して強制排水するようです。
それなら強制排水を始める水深を現在の設定から15㎝程度高くすればよいだけだと思うのは素人考えなのでしょうか?

用水路は鶴巻温泉の駅の方まで伸びていて、駅の近くはかなり深いのでたくさんの鯉がいます。
そしてこんな看板も。

IMG_2323.jpg

鯉のことを気にかけてくれているようなので、もうちょっと考えてくれないかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック