FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
2020年03月06日 (金) | 編集 |
ミーコに出会ったのは2017年11月のことでした。

 ・ミーコが最初に登場した時のブログはこちら

Miiko_20180330.jpg


餌やりに毎朝行っているところに突然現れて、それからの付き合いです。
ミケやポチャが意地悪して、ご飯を食べるのを邪魔したりして。

Mike_20170701.jpg
ミケ


Pocha_20180621.jpg
ポチャ

翌年2月に避妊手術を行いました。

 ・ミーコ避妊手術のブログはこちら


その頃はまだシロッピーがその近くにいたのですが、2018年2月に我が家にシロッピーを連れて来てからはミーコがシロッピーのいたところにいるようになりました。
本当は最初に現れた場所の方がいっぱい隠れるところもあるし、ご飯もあげやすかったのですが、ミケやポチャにいじめられて追い出されるような形になってしまったミーコ。

2018年秋にはとりもち(?)をつけてベタベタになっていました。

 ・ミーコとりもち事件のブログはこちら

Miiko_20181002-3.jpg
身体の右半分がベトベト

捕まえようとしたけれど捕まらなくて、1か月くらいかけて自分で舐めとってきれいにしていました。

場所を移動してもやっぱりミケやポチャがミーコのいるところまでやって来て追いかけまわすこともあるようでした。
たまに他の場所からオス猫がやってくることもあって、安心して暮らすことができないミーコ。

1度1か月ほど姿を見せなくなってとても心配したことがありました。
台風や冬などはどのように過ごしているか心配で、人懐っこいミーコに新しいお家を見つけてあげたいと思うようになり、この冬もずっと捕まえたいなぁと思っていました。

1月18日、キャリーを持って行って捕獲を試みました。
うまく身体を抱き上げることができてキャリーに入れようとしたのですが、大暴れするミーコ。

ここで放してはいけないとこちらも頑張りましたが、ミーコも必死です。
指を思い切り噛まれて、ちぎれるかと思ってしまってとうとう放してしまいました、、

IMG_9115.jpg
3本の牙が刺さって痛い痛い

右手の人差し指はパンパンに腫れ、病院で抗生剤をもらって1週間ほどで腫れは収まりましたが、1か月以上たつ現在でもまだ指先に痺れが残っています。、

それから1か月後、2月19日の朝、いつものようにみんなにご飯をあげに行ったところ、ミーコも出て来てゴロンゴロンとご機嫌ではあったのですが、呼吸がおかしいことに気がつきました。

呼吸のたびにお腹が大きく動いていて、速さも通常より速いように見えました。
猫の呼吸がおかしい時は、すぐに病院に連れて行かないといけないと病院の先生からいつも聞いているので焦りました。

1月に捕獲失敗してから、たまに触れるくらいまで近くに来ることはあるものの、一定の距離を保っていることが多く捕まえることができなくなっていたので。

こちらの気持ちには全くお構いなしに、ミーコは食欲もなくなってほとんど食べなくなってしまいました。

姿を見せてくれないで隠れていることも多くて、いつもいる場所の持ち主の方に許可をいただいて奥の方まで探させていただいたことも。

奥の方のビニールハウスに隠れていたこともありました。

IMG_0031.jpg

田んぼ横の側溝に隠れていることも。

IMG_9959.jpg

捕獲器は食欲がないので入ってくれないことがわかっているため、大きめの虫取り網のような捕獲網を使おうかなどと考えていてどんどん時は過ぎていきました。

多くの餌やりさんに可愛がられているミーコのことはみんな心配してくれていて、3月1日夕方に餌やりのご夫婦が革手袋をはめて身体を押さえて洗濯ネットに素早く入れて捕まえてくださいました!

さあミーコ、病院へ行こう。
もうこれで安心だ!

(つづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック