FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2020年03月08日 (日) | 編集 |
3月1日に保護したミーコは、すぐに病院に連れて行きました。

IMG_0159.jpg
キャリーの中で怯えるミーコ

先生に症状を話したところ、「この子、猫白血病ウィルス陽性が原因の悪性リンパ腫の可能性がありますね」とのこと。

えっ?
猫白血病ウィルス陽性?
悪性リンパ腫??
君には新しいお家を見つけようとずっと思っていたのに?

想像もしていなかったことで、頭がクラクラして来ました。

今回呼吸が荒くなっていたのは、きっと何かの事故だろうと思っていたのです。
外傷はなかったので、自転車にぶつかったとか、誰かに蹴られたとか、他の猫に追いかけられてどこかから落ちたとか。

とにかくウィルス検査とレントゲンをお願いしました。

結果、先生の見立て通り、猫白血病ウィルス陽性で胸に腫瘍ができていて、水もかなり溜まっているということでした。

腫瘍は心臓と同じかそれよりも大きなもので、腫瘍から水が漏れだしていることもあり、そのため肺が膨らもうとしても圧迫されて膨らむことができなくて苦しいのだそうです。

ミーコは2017年秋に子猫で現れたので、生まれたのはその年の春~初夏です。
この春に3歳になるところで、白血病のウィルスを持っている子はこれくらいの時期に悪性リンパ腫になることが多いそうです。

治療としてはステロイドを飲んで様子を見つつ、他の薬も追加していくことでどれくらい延命できるか、と言うところのようです。

延命治療はミーコの苦しみを長引かせるだけのような気がするのですぐに楽にしてもらうことも考えましたが、とにかく1回は水を抜いてもらってお薬をいただいて連れて帰ることにしました。

肺から抜くことができた水の量は150ml。
300mlくらいは溜まっているようなのですが、腫瘍が大きくて針を刺したら腫瘍にあたってしまって水が抜けないのですって!

IMG_0170.jpg
ミーコを捕まえてくれた餌やりのAさんご夫婦が会いに来てくれました

連れて帰ってその晩はご飯は食べませんでしたが、翌朝になって少しずつ食べるようになりました。
2週間くらいはほとんど食べていないはずなので、痩せてしまって身体をなでるとあばら骨が浮き出ていました。

できるだけ好きなものだけを食べてもらえるようにして、1週間。
食欲は出て来て、まだガリガリだけれどもだいぶ元気にもなってきて、ケージから出してほしいアピールや外に出してくれアピールが強くなって、こちらを困らせます。

IMG_0263.jpg
ここから出してよー!


IMG_0227.jpg
お外に出たいよう!!


呼吸はやっぱり速めではあるものの、保護前のような大きな動きではなく、一見普通の状態に見えるミーコ。
もしあまり苦しくないのなら、ただの延命かもしれないけれど、治療を続けても良いかも、と思うようになりました。

ずっと外で怖い思いをして来たことでしょう。

あとどれくらい一緒にいられるかわからないけれど、ここで美味しいご飯をいっぱい食べて、寒さに震えることがなく、誰からもいじめられたり襲われたりするような心配をせずに歩き回ったり寝たりすることができて、最期に息を引き取る時に「人間と暮らすのも悪くなかったね」と思ってもらえるようにしてあげたいと、今は思っています。

IMG_0295.jpg
腰パンしてもらって喜ぶミーコ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック