ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2011年05月05日 (木) | 編集 |
図書館で偶然見つけた本---「サバンナの宝箱

サバンナの宝箱

ナイロビ大学で5年間獣医さんになるための勉強をして、現在ケニアのマサイマラ・コンサーバンシーで「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」という活動をしていらっしゃる滝田明日香さんが書かれたものです。

単身でアフリカに渡り、25歳でナイロビ大学に入り、30歳で獣医になり、現在はお子さんも産まれてますます忙しい日々をおくっていらっしゃいます。

サバンナの宝箱」はそんな滝田さんが在学中に苦労して勉強を重ねて晴れて獣医さんになる様子が描かれていて、その次の「獣の女医サバンナを行く」は、獣医としてマサイマラでプロジェクトの活動を通してアフリカの野生動物保護に関していろいろな角度から見て考えさせられるものとなっています。

獣の女医


一番最初に書かれた本は「晴れ、ときどきサバンナ」という本ですが、図書館で誰かがずっと長いこと借りてしまっているためまだ読めていません。

予約しておいて、返却されたらすぐに借りられるようにしようっと。

晴れ、ときどきサバンナ

滝田明日香さんのブログも是非読んでみてください。

狂犬病やジステンパーのワクチンをマサイの方たちの犬に打つことが、多くの野生動物を救うことにつながるなんて、この本を読むまでまったく知りませんでした。

明日香さんがんばれ!

コメント
この記事へのコメント
動物保護
いろいろな人が、いろんなところでがんばっているんですね。
すごいな、と思います。
野生動物保護・・・大変ですよね。
私達夫婦は大の猫好きですが、義父は大嫌いです。理由は、やはり動物保護。人間が連れてきた、狐や猫、ねずみにウサギ・・・みんな豪州固有のユニークな動物達・きれいな野鳥を殺してしまう原因になるからです。人間の浅はかな行動から起こる自然破壊に私たちは責任をもって行動しないといけないですね。
私も機会があったら読んでみようかな!
2011/05/05(Thu) 21:44 | URL  | まいまい #-[ 編集]
Re: 動物保護
まいまいさん、

ケニアでは観光が経済に与える影響が非常に大きいそうですが、観光客やツアーガイドの行動が野生動物に与える影響も非常に大きいことがよくわかりました。サバンナで野生動物を見るツアー客がガイドやドライバーにチップを渡して動物たちにより近づくという行為が、思いもよらない影響を与えることもあるようです。
是非読んでみてください。
2011/05/06(Fri) 19:24 | URL  | シルブロ #-[ 編集]
読んでみたいです。
野生動物も大事だし、家庭で飼われる様な犬猫たちも大事ですよね(^_^;)でも人間によって動物たちの環境も変えられているということは、私たちはよく考えなきゃいけないところだと思います。心がけひとつでもちょっとは違うんですよね。
2011/05/10(Tue) 10:06 | URL  | kittyribonandy #-[ 編集]
Re: 読んでみたいです。
kittyribonandyさん、

コメントありがとうございます。
私たちから見ると広大なサバンナに生きる野生動物たちはある意味で癒しなんですが、アフリカの人たちにとってはそういう意識はないようで、本の中でもマサイの人の家畜を殺してしまったライオンなどへの復讐としての毒殺についても書かれています。

著者の滝田さんも書かれていますが、野生動物の住む地に人間が農地などを作ったことで野生動物の行動範囲を侵害することになり、それが原因での事故がたくさん起こっているのだということを考えなければならないようです。
2011/05/11(Wed) 07:42 | URL  | シルブロ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック