ネコ達と奮闘する私の毎日
| Login |
2011年08月06日 (土) | 編集 |
私たちの会社は8月4日(木)から夏休みに入りました。
ホッピーの調子もあまり良くないので、旅行などの計画もなくのんびりと過ごしています。

昨日も昼寝をしたり、借りてきたDVDを見るなどのんびり過ごしていると、
夕方に携帯が鳴りました。
会社の友人(Mさん)からでした。

Mさんは夏休みに福岡のご実家に家族みんなで帰っていて、2匹の猫は近所の方に面倒をみていただくことになっていました。ところが1匹が逃げ出してしまったので探してもらえないかというヘルプコールでした。

旅行に行く前日に網戸がはずれてしまって元に戻らなくなってしまったので、その窓は開けないようにと貼り紙をしておいたのだけれど、猫のお世話をする方(Kさん)が窓を開けてしまい、ちょっと目を離したすきに出てしまったそうです。

Mさんの家には行ったことがないのですが、たまたま夏休み中に遊びに行くことになっていて地図をもらっていたのでそれを頼りに車を走らせること30分強。運よく迷わずにたどりつくことができました。夜7時ごろ到着しました。

近所のKさんもMさんからの電話で私の到着を待ちわびていた様子で、すぐに状況を説明してくださいました。Mさんからは台所にある削り節が好物なのでその袋をかしゃかしゃさせながら名前を呼ぶと出てくるかもと教わりました。

室内飼いの猫は外に出てしまってもそれほど遠くには行かずに、家の周辺の狭いところに隠れていることが多いので、震災の時に買ったLEDのヘッドライトを頭につけて家の庭周辺やお隣の家のお庭などを探しましたが見つかりません。

家の中におびき寄せようと、玄関の周辺に削り節を撒いて、玄関の中に餌も置いて遠くから待ち伏せすること2時間。出てきません。

その間何度も近所のKさんが見に来て一緒に探してくださいましたが、その日はあきらめていつも車に積んである捕獲器をしかけて帰ることにしました。

庭を歩きまわったり、待ち伏せをしている間にたくさん蚊に血を吸われてしまいました
帰りの車の中でかゆかったこと!

帰ってからネットで猫の逃亡についての情報を見てみると、網戸やスライド式の窓を開けてしまうのは序の口で、網戸に体当たりして破いて逃げ出す子もいるとのことでした。

かつて家のブラウニーは外に出たくて網戸に大の字になってぶらさがったことがありますが、ホッピーはそういううこともありませんでしたので、開けられないようにガムテープをちょっと貼っているだけで安心です。

Browny on the screen
ブラウニーのこのような勇姿を見ることもなくなりました。


翌日(=今朝)5時に携帯が鳴りました。ご近所のKさんからです。

「かかっていないのよー」

そうか、、だめだったんだ。どうしよう、、、。

家の猫たちにご飯をあげて自分も食べて出かけ、7時に到着しました。
捕獲器には入った気配もありません。

餌を取り替えて、また庭やお隣を見に行こうとしたところ、
あ、あれはアビちゃん?!

お隣の家の玄関先に横になっています。


アビちゃん

Kさんが近づくとすぐに逃げてしまうと聞いていたので、近づいて驚かせてはいけないと言い聞かせて離れた所から「アビちゃん、アビちゃん」と呼びかけてみました。
こちらを向きましたが、「あたし疲れてるのよ。朝から暑いわね」というように横になってしまいました。

私の手には削り節の袋が握られていますが、こちらがわの道路に出て来てしまってうまく捕まえられずに逃げてしまったらどこに行ってしまうかわかりません。ここは慎重にしなくては。

ちょうどKさんが家から出てきたので「アビちゃん、いましたよ。あれがアビちゃんですよね?」と聞いてみると確かにアビちゃんとのこと。見間違えるはずありません。今まで一度も会ったことはありませんがとにかくきれいな猫ちゃんですから。

Kさんの感動もつかの間、アビちゃんはKさんの声が聞こえるとスッと立って奥の方に歩いて行ってしまいました。
それでもアビちゃんは近くにいると確信したのでゆっくりとアビちゃんの隠れている場所を探し、5分ほどでMさんの家の物置とお隣の壁の間の狭いところに座っているアビちゃんを発見。

敷地内なのでびっくりさせないようにしながら好物の削り節をアビちゃんのいる場所から3mほどのところに置いて私も同じくらいの距離を保って見守っていると、、、出てきました!

先日参加したキャットシッター南里秀子さんのセミナーで逃亡した猫を捕まえる時には大きめの洗濯袋とタオルを準備と習ったので、車からそれらを取り出し、今朝持ってきたゼリータイプのキャットフードを捕獲器から持ってきました。

そして先程削り節を置いた場所に再度削り節とそのフードを置いて、私ももう少し近くで「アビちゃ~ん」と呼んでみると、良い匂いにつられて出てきました!!

「アビちゃん、いい子ね~」などと声をかけながらじわり、じわりと近づいてエサのところまで来ても逃げません。ゼリータイプのフードをちょっと指につけて顔の前に出したらその指をなめてくれました。

よし、あと一息だ。
 
もう1回指にフードをつけて顔の前に出すと同時に反対側の手で頭をなでてみました。
アビちゃんはおとなしくされるままにしていました。

フードを本格的に食べ始めた時に、「アビちゃん、だっこさせてね」と声をかけてだっこしてみるとちょっと嫌がるしぐさはありましたがだっこさせてくれました。ん、ちょっと重い。ホッピーとあまり変わらないかも。
、、、とゆっくり考える間もなく準備した洗濯袋に入ってもらってジッパーを閉め、タオルでくるんでだっこして捕獲成功

Kさんにすぐ「捕まりましたよ!」と報告し、さっそく家の中へ。

洗濯袋から出たアビちゃんはちょっと怒っているようで、すぐに部屋の奥に行ってしまいました。

Mさんはかわいそうに、アビちゃんを捜すために朝7時の飛行機に乗ってこちらに戻って来るとのことで、もう飛行機に乗ってしまいましたので、Mさんの奥さんに電話して無事捕獲した報告をしました。

帰る前にアビちゃんにさようならを言いに行ったらまだ怒っていて、おとなしくなでさせてくれるものの「ウ~」と唸っていました。ごめんね、でもお家に帰れてよかったでしょ?

捕獲器を回収して明るい気持ちで帰宅の途につきました。
ご近所のKさんもメロンや桃などをくださって、とても気をつかってくださいました。
一番疲れたのはKさんだったと思うのですが。ありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
アビちゃん捕獲劇お疲れ様でした。
無事早い段階で保護出来て良かったです。

うちの悪ガキ黒猫は、ガラス窓も簡単に開けてしまいます。
一度は重たい玄関のドアまで開けた事があります。
そんな訳で、我が家は網戸状態でも脱走防止に
簡易式の侵入防止鍵をつけています。
更に窓によっては、100均のショップの
壁用のネット?をしてあります。
2011/08/11(Thu) 03:28 | URL  | いなり #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いなり様

こんにちは。毎日暑いですが、猫ちゃんたちはお元気ですか?

重い扉も開けてしまえるのですね。
うちの子たちはそこまではしないので助かっています。
その後アビちゃん脱走の話は聞かないので良い子にしているものと思われます。

暑くて窓を開ける機会も多いので気をつけたいものです。
2011/08/11(Thu) 08:01 | URL  | シルブロ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック