ネコ達と奮闘する私の毎日
| Login |
2018年01月17日 (水) | 編集 |
★猫達についてもう少し詳しい情報が入りましたので、更新します。
 ご興味のある方は是非、お問合せいただければと思います。


------------------------
新年早々ですが、市内の高齢者の方が面倒を見ていてくれている猫7匹が所有権放棄のため、1月25日午前中に動物保護センターに収容されることになりました。

各猫たちの詳細がわからないのですが、全員避妊去勢手術済みです。
写真を見ていただいて、ご興味のある方はご連絡いただけますでしょうか。

センターは昨年末に立て続けに飼育崩壊があったため、すでにキャパオーバーです。
センターに入る前に1匹でも2匹でも新しいお家を見つけてあげられたらと思います。

シャム猫様・メス(H29.3月不妊手術・ノミ駆虫薬投与・H30年12月口内炎あり・要継続治療)



黒・メス(H29.3月避妊手術済・ノミ駆虫薬投与)
Hadano-2.jpg


キジトラ・メス(H29.3月避妊済)
Hadano-3.jpg


黒・オス(H28年12月去勢手術済)
Hadano-4.jpg


キジトラ・メス(避妊済)
Hadano-5.jpg


黒・メス(H28年12月去勢手術済)
Hadano-6.jpg


三毛・メス(手前の子)(H29.3月避妊手術済・ノミ駆除薬投与)
Hadano-7.jpg

今回追加した写真 薄茶・オス(H29.3月去勢手術済・ノミ駆除・抗生物質投与)
hadano-8.jpg



そしてこちらは市内にお住いのシッティング先のお客様が保護されている子達です。
とても人馴れしていて甘えん坊の可愛い子達です。

Y-image1.jpg
※クリックすると大きくなります

Y-image2.jpg
※クリックすると大きくなります

どうぞよろしくお願いします!
2017年12月08日 (金) | 編集 |
今日は寒かったですね!
もうこの頃はエアコンずっとつけっぱなしになってます。

さて、近所でご飯をあげている白黒のハチの去勢手術が終わりましたので、ご報告します。

6月に伊勢原市役所で行われた譲渡会に参加したサリーちゃんを覚えていらっしゃるでしょうか?

P1110924.jpg

このサリーちゃんにご飯をあげていたら、ちょっと離れたところでご飯を欲しそうにしていたのがハチでした。

Hachi_20170617-1.jpg
6月頃のハチ。まだ警戒心が強い。

サリーちゃんは譲渡会でお家を見つけることはできず、ハチとサリーちゃんは現在ある親切なご近所さんのお家のお庭で毎日ご飯をもらったり、猫ハウスを作っていただいたりして、外猫として可愛がっていただいています。

最初は警戒していたハチも実はとても甘えん坊な男の子でした。

今ではご飯を食べ終わると頭をグイグイ押しつけて来てゴロゴロしてくれます。

Hachi_20171207-1.jpg
今のハチ。たくさんご飯を食べて、良い体格に。

10月末に一度捕まえようと思って洗濯ネットに入れることはできたのですが、ものすごくあばれてネットを破ってしまい、あえなく断念。

それから1か月余りかけて捕獲器に慣れさせた上で捕獲に成功し、去勢手術をしました。

Hachi_20171206.jpg

捕獲器内に敷いていた新聞紙やペットシートはビリビリになり、捕獲器から出ようとしてガリガリしたのか爪から血が出ていました。
いつもはおとなしいハチですが、若くて良い体格のオス猫なので、やはりすごい力。

それでもなぜか捕獲後に入れたご飯はすべて食べきり、手術後もリリース前にご飯を入れておいたら完食していました。
ビビりの子は全然食べれなくなることも多いので、ハチはそれほどビビりではなかったということでしょうか。

リリースした次の朝にはいつものようにご飯待ちをしていて、いつもの甘えん坊のハチに戻っていました。

Hachi_20171207-2.jpg

オス猫は手術しなくても良いんじゃない?とよく聞かれます。
でもメス猫の手術が全部済んでいなければ、未手術のメス猫はオス猫のターゲットとなり、次のシーズンに子猫が産まれます。

もし近くに未手術のメス猫がいなければ、オス猫は遠くまでメス猫を求めて行くことでしょう。

確実に子猫が産まれないようにするためには、メス猫だけでなくオス猫も手術をしないと、せっかくの苦労が水の泡となってしまうのです。

もしメス猫だけしか手術していないところがありましたら、是非オス猫も去勢手術をするようにしてくださいね。

2017年12月06日 (水) | 編集 |
来年1月にパスポートが切れるので、その前に新しいパスポートへの切り替え申請と言うのをしてきました。

会社を辞めてから普段は化粧をしないことにしているのですが、パスポート用の写真を撮らなければならないので、久々に化粧をしたら、顔が真っ白に。

あーあ、10年間この残念な顔を見なければけないのか、、

でも今のパスポートを見てみたら、2008年1月に取得してその年のGWに1回だけ海外旅行に行ったきり、今まで海外には行っていないことがわかりました。

それならこれからの10年も海外に行くことはほとんどなく、新しいパスポートを見ることもないに違いないと、変に納得して申請を終えました。

前置きが長くなりましたが、我が家に居候中ののんちゃんの避妊手術が終わりました。

昨年のテチュ子ちゃんの時と同じように、術後服を着せてもらって帰って来たのんちゃん。
そのお洋服が気に入らなかったらしく、帰って来てキャリーからケージに移動した途端、パニックになって大暴れ。

ケージから出したら落ち着いたものの、すぐにお兄ちゃんのベッドにお邪魔虫でこの体勢に。



のんちゃんは身体に白が多いので、写真だと術後服の可愛さがあまりよくわかりませんね。

平静を取り戻したらお腹が空いていることに気がついたのか、大きな声で「ご飯くれー!」コール。
パウチのご飯を少し食べて落ち着きました。

その後はおとなしく寝ていたので良かった良かった

ただ、翌朝からいつもと様子が違いました。

いつもは朝ケージから出た途端に他の子のご飯が入っているお皿に突進して、中に入っているのを全部食べてしまい、走り回るのですが、ご飯を食べずにベッドだけ移動して横になっています。

その日はほとんど休んでいて、お薬を飲むためのもの以外はほとんどご飯を食べませんでした。

20171203-1.jpg


特に痛そうにしていたり、辛そうな感じではないのですが、ご飯を食べずおとなしいと言うのはおかしいので、翌朝病院へ。

ひょっとして急性腎不全のようなことになっているといけないので、念のため血液検査と超音波検査をしましたが、どちらも全く問題がなく、術後服がストレスになっているかもしれないと服を脱いで、吐き気止めをいただいて来ました。

その日はあまり変化がありませんでしたが、夜は少しご飯を食べ、翌朝はブラウニーを追いかけ始めました。
少しずつ回復しているようで、寝ている時間は多いものの、その姿は具合が悪くてと言うよりはリラックスしているようでしたので、もう安心かな。

今日はすっかり元通り、元気になって走り回ったり、お兄ちゃんたちのご飯を盗み食いしてました

20171203-2.jpg

のんちゃんが来た時に導入した“ガリガリウォール”。
他の子達も大きくノビをして使えるように、90cmの高さのものを買ったものの、みんな床面のところでバリバリするのみ。

一番小さなのんちゃんだけがノビをしてガリガリしてくれたり、てっぺんにネズミを乗せて、のんちゃんがジャンプしてそれを取ると言うような使い方になってます。

20171127-1.jpg

でもある頃から、ガリガリウォールの“ガリガリ”をどうも勘違いしているような使い方が、、、

20171127-2.jpg

“がりがり君”じゃないよ!
2017年11月19日 (日) | 編集 |
毎日確実に冬に近づいているのを感じる今日この頃です。

朝、外の猫たちにご飯をあげる時も手が冷たくて、地面を歩いている猫達はもっともっと冷たいと感じているのだろうなぁ。

10月に保健所から、ある場所でのTNRについて依頼が来ました。
そこはペット飼育がNGのマンション群で、もちろん外の猫達への餌やりもNGです。

マンション群に隣接している公園では秦野市猫との暮らしを考える会の会員さん達が多くの猫達の避妊去勢手術を終わらせていて、さらには毎日の餌やりや糞尿の後始末もしてくださっているのですが、マンションの方から流れてくる子が後を絶たず、困っています。

マンションの方は部外者立ち入り禁止と言うことで、今まで立ち入ることもできず、状況もあまりわからなかったのですが、今回保健所が自治会といろいろ調整してくださり、マンションの方でも協力してくださる方がいたため、TNRのお手伝いを引き受けさせていただきました。

こういう現場は多いのですが、手術だけしてその後は規則だからと猫たちがご飯をもらえないのでは、猫に対する虐待と同じだと私は考えているため、自治会や管理組合が少なくとも餌やりについて「黙認」してくださる所でなければお手伝いしないことにしています。

そういう意味でも、今回は保健所と自治会、管理組合がうまく調整できたため、良かったと思います。

協力者の方(Iさん)もとても猫が好きな方で、朝晩餌やりをして猫達を少し馴らすようにしてくださいました。

先週水曜日に捕獲器2台を持って、薄暗くなるのを待って仕掛けました。
今回の目的は6匹です。

仕掛けて5分もたたないうちに“カシャッ”と捕獲器に掛かった音が。
駆けつけてみると、何と言うことでしょう、1つの捕獲器に3匹も入っているではありませんか!

小さめのグレーの子が2匹とちょっと大きめの白黒が1匹です。

それから少しして、もう片方の捕獲器にも白黒の子が入り、初日は4匹と捕獲大成功でした。

翌日、4匹を病院に連れて行って手術をお願いし、夕方はまた現場で捕獲を試みました。

実はこの現場、三毛猫母さんとその子供たち6匹の合計7匹いるのですが、三毛猫母さんは公園にご飯をもらいに行った時に会の人が捕獲し、すでに手術が済んでいるため、子猫たち6匹が今回の捕獲対象です。

2台の捕獲器を仕掛けたら、三毛猫母さんが入ってしまいました。
でもその次に子猫の三毛が入ってくれ、捕獲成功。

残り1匹の子猫は三毛猫母さんと一緒に遠くに逃げてしまったようです。

翌日夕方も捕獲トライしましたが、三毛猫母さんの姿しか見えず、子猫は近くにいたのかどうかもわかりませんでした。

TS3V0611.jpg
リリースした白黒。もう1匹の白黒は写真撮り忘れ

TS3V0610.jpg
リリースした三毛の子猫

グレーの子猫2匹は猫エイズや白血病が陽性でなければ引き取りたいという方がいらっしゃったので、手術の際にウィルス検査をしていただきました。

結果はどちらも陰性ヽ(^o^)丿
良かったね!!

TS3V0612.jpg
この子達は新しいお家へ

あと1匹、一番小柄な黒い子猫の捕獲がまだ残っていますが、警戒心が強くて餌やりの時にもなかなか近くに来ないそうです。
これから少しの間、協力者のIさんに頑張っていただいて、もう少し馴らしてから再度トライしようと思っています。

今回5匹手術をし、オスは白黒1匹だけで、あとはみんなメスでした。
残っている子もメスの可能性が高いので、なるべく早く捕獲したいと思っています。

数匹いて1匹だけ警戒心が強くてなかなか捕まらない子を捕まえる方法をご存知の方、是非教えてください!!
2017年11月12日 (日) | 編集 |
約1か月前の10月中旬、いつもご飯をあげているシロッピーのところに子猫がいるとの情報が。

数日後、発見!



ここでご飯をもらっているミケにも全く物怖じせず、ミケの食べ残しを食べてました。

20171020-2.jpg

大きさは、今我が家にいるのんちゃんよりほんの少し大きいかな、と言うくらい。
柄も同じような白黒で、のんちゃんを見ているようです。

ここは多くの方がご飯をあげに来てくださるし、この子も積極的に出て来るのでしっかり食べることができているようです。

捕獲器ですんなりと捕まえることができ、土曜日に避妊手術をして今朝リリースしました。

20171112-2.jpg

捕まえた日の夜、捕獲器の中で2回もおかわりをして、しっかりと手術に備えました。
猫によっては捕獲器の中で固まってしまって、食べることも水を飲むこともできない子もいますが、この食べっぷりは子猫だからゆえでしょうか?

リリースの前にもカリカリをしっかり食べて、満腹のチビちゃん。

20171112-1.jpg

リリースしても遠くには行かず、夕方行ったらまたご飯を食べに出て来てくれました。

これからもここでたくさんご飯をもらって大きくなろうね。

この地には、シロッピーの他に上の写真に写っているミケと茶トラのチャー太の3匹の猫たちが暮らしています。
それが1か月前に白黒子猫、そしてその直後には新しい三毛猫も現れたのです。

New-Mike_20171029.jpeg

捨てられたのか、どこかから流れて来たのかわかりませんが、チャー太はまだ去勢手術できていないので、この新しい三毛も早く捕獲して避妊手術することが必要です。

このように増えてしまうことは私たちには防ぐことができません。
ただ、新たに来た子にはちゃんと手術をして子猫が産まれないようにし、しっかりご飯をあげて最期まで可愛がってあげたいものです。