ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2018年04月29日 (日) | 編集 |
GWの始まりは良いお天気に恵まれお出かけ日和が続いていますね。
外の猫達もちょっと暑いと日陰に入って、気持ちよさそうに休んでいます。

さて2週間前に皮膚の病気と思われる“クロマメ”を保護しました。

病院で検査をしていただいた結果、たぶん混合の菌に感染していると思われるが、その中に真菌(皮膚糸状菌)も含まれているとのこと。

ああ、やっぱり真菌出ちゃったか、、、
入院は無理だな、、

、、、と言うことで、クロマメの車中泊は続きます。

検査結果が出るまでの1週間、抗生物質など数種類の薬を飲んだら、目ヤニが黄色いドロドロしたものからサラサラの涙っぽいものに変わってきました。

Kuromame_20180421-1.jpg
4月21日のクロマメ

このブログでクロマメのことを知ったお客様から、真菌によく効くと言うスプレーをいただきました。
そして車の中を殺菌・消臭するために「オゾン生成器」も貸してくださいました。

このスプレーを使うと2週間ほどできれいになると聞き、22日からさっそく使ってみることに。

朝昼晩スプレーし、ご褒美としてご飯をあげるようにしてみました。
でもクロマメ自身はご褒美と思ってくれているかどうか、、、?

それから1週間が経ちこんな感じになりましたよ。
毛が少し生えている(伸びている?)のがわかります。

Kuromame_20180429-4.jpg

Kuromame_20180415-1.jpg

4月15日は毛がほぼない状態だったのが、今はうっすらと毛に覆われた皮膚。

まだまだ顔の周りのふさふさした毛には程遠いですが、状態としては悪くないです。

Kuromame_20180429-2.jpg

暑い日もあり、ずっと車の中に入れておくことはできず、捕獲器にタオルをかけて家の北側に数時間いてもらうこともあります。
大きな声で鳴いてご近所迷惑だなぁと思うこともあるのですが、幸いにもお隣も猫好きで理解があるのと、裏の大家さんのお家まではだいぶ距離があるし、それほど鳴き声を気にする人たちではなくて助かってます。

そしてクロマメを外に出している間に、貸していただいたオゾン生成器で車の中を殺菌します。

今朝病院に行き、回復方向にあるので、再度毛を取って検査をしました。
結果はまた1週間後にわかります。

そこで調子が良いようなら、リリースも可能とのこと。
ただリリースしてしまうともう捕まらないかもしれないので、リリース前に去勢手術もしておきたいです。

手術をすると身体の免疫力が下がってしまうことも考えられるので、手術後は1週間ほど様子を見て体力をつけてからリリースした方が良いとのこと。

全てが順調にいけば、あと2週間でリリースすることができそうです。

Kuromame_20180429-3.jpg
ボク、早くお外に出たいです、、

現在は毎日いっぱい食べているクロマメ。
保護した時は3kgなかった体重も、今ではきっと増えていることでしょう。
これからの2週間でもっと食べて体力をつけてもらいたいです。

たくさんの方からクロマメへの応援をいただいて、感謝の言葉もありません。
あともう少し頑張りますので、引き続きよろしくお願いいたします!
2018年04月18日 (水) | 編集 |
昨日今日は季節が逆戻りしたように寒く、早々に冬物の上着を洗濯してしまったことを後悔しましたが、皆様お風邪など引かれていませんでしょうか?

3月後半から我が家の周りに2匹のニューフェースが現れるようになりました。

1匹はきれいな茶トラの男の子。
チャチャと違ってしっぽがすーっと長くてきれいな子です。

我が家には「ご飯を食べるなら、手術ね!」ルールがあるので、機会を狙っていました。
困ったことに、外にはクッキーと言う気の強い女の子がいて、誰彼かまわず自分のテリトリーに入って来た子にケンカをふっかけます。

以前チビがここにいた時には男子はチビの係で、女子とのみクッキーはケンカをしていたのですが、1年前にチビがいなくなってからは自分で全部やらないといけなくなったようで、自分よりも体の大きな男の子にもものすごい声で威嚇しています。

茶トラって英語ではジンジャーって言うそうで、この子は我が家では“ジンジャー”と呼ばれることになりました。

Ginger_20180414-2.jpg

もう1つ困ったことに、他の子はクッキーの威嚇の声で私たちが出て行ったらすぐに逃げてくれるのに、この子は逃げる時にクッキーを全速力で追いかけるのです。

畑でシロッピーはチャー太と言う男の子に同じように何度も何度も追いかけられて、ケガをして我が家に来ました。
クッキーももう10歳を超えていると思われるので、無理をするとケガをしてしまうかもしれません。

去勢手術をすれば多少おとなしくなってくれるかもしれないので、急いで捕まえて病院に連れて行きました。

Ginger_20180414-1.jpg

よくわかりませんが、1歳くらいのオスのように思われます。
少し人に馴れていて、捕獲器の中で暴れることも鳴くこともありませんでした。

手術翌日にリリースしましたが、その後もクッキーを追いかけていたとの情報があり、困ったなぁ、、、。

さてもう1匹は黒くて小さめの子です。
見かけた時は軒下の横にちょこんと座っていました。
少し長毛で可愛らしい感じの子でした。

近づくと逃げたのですが、その姿にギョッ!

4本の脚の毛がないのです。
身体にはふさふさと毛があるのに、足はハゲていてとても奇妙な全体像でした。

毎日見かけるわけではなく、たまにしか現れず、私もそれどころではなくなっていたのですが、日曜日の夕方にまた現れました。

ちょこんと座っている時には気がつかなかったのですが、立って逃げようとしたその姿を見てギョギョッ!!
あ、、、、身体の毛が、、



P1130635.jpg

P1130636.jpg

これはもう捕まえなければ、とジンジャーをリリースしてまだ捕獲器を洗っていなかったけれどもすぐに仕掛け、あっという間に入ってくれました。

きっとお腹が空いていたのでしょう。
よくよく見てみたら、目ヤニはすごくて片眼は白濁してきているし、ヨダレもすごい。
以前は毛でわからなかったけれど、男の子であることも判明。

翌日すぐに病院に連れて行きました。
最終的には去勢手術をしますが、まずは治療からです。

脱毛の原因を探ることから始めました。
ダニが原因の疥癬ではなさそうで、皮膚糸状菌(猫カビ)が疑われます。

これは通称“真菌”とも言われ、その辺にあるカビなのですが、免疫力の落ちた猫だけでなく人間が感染するといろいろと悪さをするのです。

我が家に入れることはできないので入院してもらいたかったのですが、病院には免疫力が落ちた子が入院しているため、この子が真菌だった場合に他の入院の子に移る可能性もあるので断られました。

外に放すこともできないので、今は捕獲器に入れたまま車中泊してもらっています。
月曜日は天気が良く、昼間は車の温度が上がってしまったため外の日陰にタオルでくるんで置いておきました。

小さくておとなしくてかわいい子、と言うイメージでしたが、なかなか激しくて時々シャーッ、ペッ!とものすごい恐い顔をします。

でも薬を混ぜたご飯もきれいに完食してくれて、ウンチやオシッコも掃除しやすい場所にしてくれるので良い子です。

今朝はこんな感じでしたが、目ヤニは透明なものが多くなって来ました。
左目の白濁はまだ残っていますが、悪くなっていると言うことはなさそうです。

TS3V0097.jpg

まずはしっかりとご飯を食べてお薬を飲んで体力をつけ、今後のことを考えたいと思います。
真菌かどうかはもう数日でわかると思います。
もし感染力の強い皮膚病でなければ、入院してしっかりと治療する予定です。

この子は黒くて小さいので“クロマメ”と呼ぶことにしました。
クロマメも頑張るので応援してくださいね!
2018年03月17日 (土) | 編集 |
東京では桜が開花したそうですね!
今朝畑の方に行ってみたら、もうすぐチューリップが咲きそうになっていましたよ。

Tulip_20180317.jpg

以前ブログに書いたかどうか忘れてしまったのですが、シロッピーがいた畑エリアにほぼ茶トラの男の子がいます。
名前は“チャー太”。

確か3年前の春ごろ産まれて、まだ子猫のうちから見て知っていました。
でもビビりさんで近寄って来ないので、ご飯で手なずけることも難しく、今まで去勢手術をできないでいました。

Chaata_20170701-2.jpg

なので、この地に現れる子が女の子の場合、とにかく早く避妊手術をしなければ、と毎回あせって捕まえては病院に連れて行って、とりあえずはセーフだったのです。

でも男の子のチャー太は時期になると遠くまで出かけて行き、いつもは我が家から直線距離で700~800m離れたところにいるのに、車がものすごいスピードで走る道路を渡って我が家の近くまで来ていたりしているのを何度も目撃していました。

ようやく最近かなり近くまで来るようになったので、数日前に捕獲器をしかけたところ、すぐに入ってくれました(^^)/

Chaata_20180315.jpg

手術が終わったチャー太は大きな声で鳴いて、入れてあげたご飯もお水もひっくり返してしまっていましたが、元の場所に元気に戻って行きました。

この2日ほど姿を見せていませんが、きっとそのうち戻って来てまたご飯をねだることでしょう。

そうしたらもう遠出はせずに、ずっとここにいてくれるかな?
身体は大きくなりましたが、本当は甘えん坊なチャー太に早くまた会いたいな。

2018年03月15日 (木) | 編集 |
ぽかぽか陽気と共に花粉もやって来たよ~。
鼻がムズムズ、のどはイガイガするけれど、暖かいと気分がほんわかしますねー。

さて、2月に我が家にやって来たシロッピー。
畑の人気者だったので心配されている方も多いのですが、元気にやってますよ!

何かあるとすぐに押入れの中に飛び込んで隠れてしまいますが、上の段にはジャンプすることができないようです

Shiroppy_20180228-1.jpg

猫じゃらしのおもちゃで遊ぶのが大好き。

Shiroppy_20180228-7.jpg

でも普通に動かした時は走って追いかけたりしないんです。
ちょっと陰に隠して時々見せてみると、向こうの方から走って来てじゃれてます。

Shiroppy_20180228-12.jpg

ほとんど鳴くこともなく、ご飯もよく食べて、とっても良い子です。

ただ、オシッコが毎日出ないことがあって、最初は3日以上出ないこともあって心配しました。
最近は毎日出ることもあるし、1日おきになってしまうこともあるかなぁ、程度になりました。

オシッコが出ないと膀胱の中でオシッコが溜まった状態になり、細菌が増えて来ることで膀胱炎になる可能性があるのです。

人間でも忙しくてトイレに行くことができないことが続くと膀胱炎になりますよね。
それと同じです。

なので水分をたくさん摂ってどんどんオシッコを出すことが一番なのですが、シロッピーはなかなかお水を飲まず、ウエットフードをあげると吐き戻してしまうことが多い、と言うのがちょっと困ったところでしょうか。

それ以外はとにかく可愛いシロッピーです。

きっとしずかちゃんが「次はあんたの番よ。さあ、いらっしゃい」とシロッピーに声をかけてくれたのではないかと思ってしまいます。
夜はしずかちゃんと同じように、布団の上で静かに待っていてくれるシロッピー。
私の顔をべろべろなめてくれて、私はそれを避けるように端に行き、いつのまにか枕の真ん中にシロッピーがでーんと座っていることも。

新しい2Fの首領(ドン)に乾杯


Shiroppy_20180228-6.jpg
どうぞよろしく~♪

2018年03月11日 (日) | 編集 |
数日前のセミナーのお知らせは別ですが、最近ブログの更新が滞っていました、、

2月初めにシロッピーを保護してから結構バタバタしていて。
これからボチボチあったことを書いていきますね。
ちょっと古いネタになりますが、、

一応動物愛護推進員と言うものをやらせていただいている関係もあり、保健所から時々依頼が入ります。
今回は伊勢原市内の高齢者のお宅の猫たちの避妊去勢手術の相談でした。

10匹程度の猫と暮らしている高齢者の方で、猫たちの手術代が少ししか出せないので、メスだけでも先に手術を、と言うことでした。

実際に訪問してみると、オスとメスは別々の部屋にいるので妊娠は避けられているようでした。



メス6匹とオス4匹を2匹ずつ何回かに分けて病院に連れて行き、手術をしていただきました。

この白猫は妊娠していて、お腹に5匹の胎児がいたそうです。

TS3V0621.jpg

男女別々の部屋のはずでしたが、可愛がっているこの長毛のオスをメス部屋に入れていて、ちょっと目を離したすきに交尾してしまったようです。

TS3V0622.jpg

ご高齢でしたし、猫の餌代だけでも大変そうな方だったので、動物病院のご協力も得て、手術代はこちらで負担することにしました。

シッティング先のお客様や猫友の皆さんからご寄付をいただき、それが少しありましたので、今回使わせていただきました。
いつもご支援いただきましてありがとうございます。

家の中の猫達は手術が終わりましたが、今度はこの方のご近所の猫が逃げて行方不明になったとのことで、そのご近所さん(Aさん)の家の外とこのご高齢者の家の外の2か所に捕獲器をしかけることになりました。

そして目当ての子ではない子が捕獲器に入るとその都度病院に連れて行って手術をすると言うことを繰り返し、今に至っています。

う~ん、これはいつになったら終わることやら、、、?

次は我が家の子達のことを書きますね。