ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2017年09月02日 (土) | 編集 |
きゃー、ボケボケしている間に9月に入ってしまいましたー

8月は前半からだんだんと忙しくなって繁忙期に突入し、繁忙期半ばで風邪を引いてしまい、フラフラしながらシッティングにお伺いしていました。

「猫さんたちが待っている!」と思うからかろうじて行くことができましたが、これが会社だったら確実にお休みしていただろうなぁ。
シッティング先の猫さんからもパワーをいただいて、風邪もひどくならずに治すことができました。

さて、数日前の夜に避妊去勢手術のお手伝いをしているお宅からの電話。

「家の前に子猫捨てられちゃって、、その子猫は前脚が折れているみたいで、、、」

もう病院も閉まっている時間だったので、とにかくそこのお家で保護してもらい、一晩そちらに置いていただくことに。

翌朝一番でお迎えに行ったところ、貸与中の捕獲器に入れておいてくださると思ったら入っていなくて、広い囲いの中を自由に歩き回っています。

知らない人(=私)を見て、不自由な右前脚をぴょこぴょこさせながら逃げ惑う子猫。
ようやく狭いところに追い詰めたので、首をつかもうとしたら、、、噛まれました、、(T_T)

タオルでくるんで洗濯ネットに入れて、バスケットの中に入れたらすっかりおとなしくなりました。
やっぱりちゃんと手順を踏まないとダメですねー。

20170830.jpg

病院でさっそくレントゲンを撮っていただいたところ、骨自体は骨折していないようでした。
ただ人間の手首の外側のぐりぐりした骨のあたりに大きな穴が開いていて、中の骨が見えてしまっています。
中の方まで感染しているのか、その周辺の骨がギザギザしているとのこと。

体重は850gでしたが、ガリガリです。

ノミもたくさんいるようなので、数日入院させてもらうことにしました。

噛まれた指が夕方になったら腫れて来て、だんだんその範囲も広がってきたので、あわてて近くの内科へ。
抗生物質と塗り薬を出していただきました。

破傷風のワクチンも打っておくことを勧められ、どうしようか迷いましたが、最近自分の免疫が落ちていることを考えると破傷風にかかってしまう可能性も無くはないので、打つことにしましたが、これは内科では打ってもらえないのですね。
翌朝別の外科のお医者さんのところで打っていただきました。

余談ですが、破傷風のワクチンって3回打たないと「基礎免疫」と言うのがつかないのだそうです。
「基礎免疫」がつけばそれが10年間持つらしいのですが、つかなければその時限りとのことです。

なので、私の今回のケガに関してはこの注射1本で済むのですが、10年間効かせようとするとあと2回打つ必要があります。

動物病院の先生も「Aさんはよく噛まれるから、打っておいた方が良いですよ~」とニコニコしながらおっしゃいます。
他人事だと思ってー!!

気が変わらなければ、次は10月初めに打ちに行く予定です。

さて、話は子猫に戻ります。

翌日お見舞いに行ったところ、「ビックリするほどよく食べますよ」とのこと。
保護された時はゴミ置き場をあさっていたらしいので、お腹が空いていたのでしょう。
ガリガリだからいっぱい食べてね。

20170831-1.jpg
病院のケージ内で。まだシャーッて言います。

そしてまたその昨日の夕方、子猫は退院して我が家へ。
あ、2か月~3か月くらいの女の子だそうです。

保護主さんのお宅に戻すことも考えたのですが、いろいろなことを考えるとこちらで里親さんを見つけた方が良いかなぁと思い、連れて来てしまいました。

さっそくチャチャが興味を示して近づいて行きます。

20170901-1.jpg

お互い鼻がくっつくくらいまで近づきましたが、そのまま離れて行きました。
チャチャも特にシャーッと言うようなこともなかったです。

ブラウニーはいつも通りで、あまり気にしていない風。
「また誰か来たのね~」くらいで、もう誰が来ても動じない感じ。

ホッピーはあえて気がつかないふりをしているようです。
ちょっと離れたところから子猫を見ている時もありますが、悪いものを見てしまったとか、これは幻だと思っているような感じです。
もう少ししたらまたシャーシャーが始まることでしょう。

病院でもたくさん食べたはずなのに、我が家でもバクバクと食べる子猫。
でも前の子も確かそうだったわ~なんて思いながら、食べ過ぎでお腹がゆるくならないか心配しつつ、ご飯をあげました。

そして今朝、元気にモリモリのウ〇チをしました!
トイレもちゃんと覚えて使ってくれて、賢い子です。

昨日はあまり可愛くないかも、、なんて心配していましたが、つぶらな瞳が可愛いかもと早くも親ばかに。

20170902-1.jpg

人に撫でられるのは気持ちが良いことだとか、ここではいじめられないとわかってくれたようで、リラックスしています。

20170902-4.jpg

右手のケガが治るころには、とっても可愛くて人懐こい良い子になっていることでしょう。
そうしたら新しいお家を一緒に探そうね。

あれ、前に保護した茶白の男の子はどうしたのかって?

ふふふ、、それはまた今度のお楽しみということで

2017年07月17日 (月) | 編集 |
この暑さ、何とかなりませんかー??
数年前まで、こんなに30℃を超える日が続くことってなかったように思うのですがー。

雨も全然降らないので、田んぼの水が干上がってしまいましたよ!

さて、7月4日に我が家に来た子猫。
よく食べて栄養状態が良くなったら目もきれいになりましたヽ(^o^)丿

P1120054.jpg

ケージから出せ出せと大きな声で鳴くので、現在はかなり長い時間をケージの外で過ごすようになっています。

今までの子猫と違い、カーテン登りには興味がないようで、レースのカーテンに新たな穴はまだ開いていません
それでも電気のケーブルはときどき噛んでいる姿を見かけるので、私が部屋にいない時にケージから出したままにしているとちょっと心配です。

他の猫たちとも早く慣れてもらえるように、ホッピーの寝ているところに置いてみたり、、

P1120063.jpg

自分からホッピーのところに行っては怒られたり、、、

P1120080.jpg

ブラウニーからは猫パンチをくらい、チャチャには相手にしてもらえませんが、果敢に挑んでいくのはやはり子猫特有の大胆不敵さでしょうか?

P1120100.jpg

それでもやっぱり最後はホッピーのところに戻っていきます。
いちばん優しくて遊んでくれるお兄ちゃんってわかっているのかな?

P1120075.jpg


P1120084.jpg


TS3V0572.jpg

よく食べて、よく遊んで、よく寝て、子猫はすくすくと成長しています!

P1120089.jpg

そろそろワクチン打って、去勢手術のことも考えようね。


2017年07月05日 (水) | 編集 |
昨日の台風、お隣の伊勢原市では避難準備が始まったと聞いてちょっと焦りましたが、こちら秦野ではそう言うこともなく通り過ぎて行ってくれたようですね。

そして今日は朝から暑くなっていますね!
我が家ではついに3台目の扇風機を導入し、すべての部屋で扇風機がブ~ンと音を立てています。

さて、1か月位前のことでしょうか、ポンプ場のあたりに子猫がいたという情報を得ました。
それから何回か探しに行ってみたのですが、会えずにいました。

そうしたら昨夕、子猫がいたので捕まえた!という連絡をいただいたので、さっそく保護に向かいました。

小さな納屋に閉じ込められた子猫を捕まえてキャリーに入れて連れ帰りました。
ノミがいるはずなので、風呂場に直行し、持っていたフロントラインスプレーを体中に吹きかけます。

フロントラインスプレーは生後2日の子猫から使うことができるということなので、持っていてよかったです。

そして子猫は準備したケージにキャリーごと入りました。

P1120020.jpg

キャリーの奥の方にいるので手前にお水とご飯を置いたところ、あっという間にご飯を完食。
その後何回かご飯を追加し、結局昨晩私が寝るまでの5時間くらいの間に100gのウエットとカリカリ少しを完食しました。

朝起きて来たら、夜のうちに3回もウンチをしていました。
ちゃんとトイレでウンチをしていて偉かったね♪

朝もウエットとカリカリを混ぜたものをあげたらすぐに食べてしまい、お腹はポンポコリンに。

それからがさあ、大変。

早くもケージから出たくて、鳴くわ、鳴くわ。

P1120022.jpg

1時間くらいねばっていましたが、出してもらえないとあきらめると、寝てしまいました。
ふぅ~。

せっかく寝たのに、ちょっとしたら起こして、病院が開くのと同時に診てもらいました。
920gの2か月位の男の子です。

でも昨晩から食べたものがお腹に残っているからこの体重で、あばら骨も浮き出ていることから、痩せ気味で本当は700gくらいではないかとのこと。

あまりご飯を食べることができないで来たから、昨日はガツガツ食べてしまったんだね。
もう食いっぱぐれることはないから、無理やりいっぱい食べなくて良いんだよ。

目がグシュッとしているので、抗生物質とお腹の虫下しをもらって帰りました。
家に目薬があるので、それもつけてあげなければなりません。
早く治ってきれいなお目目になったら、もっとイケメンになるかな?

P1120023.jpg

今までどのように暮らしていたのかわかりませんが、とっても人懐こくて甘えん坊です。
首の周りはもちろんのこと、ポンポコお腹をなでられるのも大好きで、思わずヘソ天になってゴロゴロ言ってます。

我が家の猫たちは新参者には厳しいので、もう少し様子を見ながらケージを出す時期を考えましょう。

3月にポンプ場からいなくなったチャシローのような、ちょっとアメショーが入ってる?ような柄です。

P1120036.jpg

病院から戻って来て、オシッコしたらまた眠くなっちゃいました~

P1120034.jpg

猫風邪が良くなってワクチンを打てるくらいになったら、新しいお家を募集したいと思います。
仮の名前もこれから考えますが、この子が素晴らしいお家に行くことができるように、応援お願いしますね!!
2017年06月30日 (金) | 編集 |
気がつけば6月も最終日、2017年もアッと言う間に半年が過ぎ去ってしまいました。
この半年、振り返ると我が家の猫を含め、病院通いが多かったなぁという感想です。

さて、まずは昨日行ったTNRのご報告から。

市内の方からの依頼で去勢手術を行った黒猫ちゃん。
まだ1歳半程度だそうで、元気いっぱい。

P1110942.jpg

手術後はちょっとおとなしくなっていましたが、車に移動するときにはまた大きな声で鳴いてました。

P1110943.jpg

この子はしっかりご飯をもらえる環境のところに住んでいるので、安心して手術&リリースすることができました。
これからも元気でね。

先日保温ポットが壊れました。
一人暮らしを始める時に買ったので、もう20年以上使っていました。

P1110928.jpg

フタの内側のプラスチック部分が割れてしまいました。

P1110929.jpg

新しく買ったのは象印の。
今までのよりも容量が大きいのに、実際の大きさはちょっと小ぶりに。

P1110930.jpg

これも20年以上使えるかな?

今朝外の子達にご飯をあげて戻って来るときに用水路を見ると、カルガモの親子が気持ちよさそうにスイスイと泳いでいました。

karugamo_20170630.jpg

今から7年ほど前の春、我が家の裏の大家さんの池からカルガモの親子がこちらに来て大騒ぎになったことを思い出しました。

母親が先頭になって歩き、子ガモが後ろからついて歩くのですが、みんなひと塊になっていなくて、子ガモが変なところに行ってしまい、排水溝に落ちたり、外にいた猫のチビが1羽をくわえてダッシュで逃げて行ったり。

排水溝に落ちた子はなんとか捕まえることができましたが、チビに捕まってしまった子はとうとう見つけることができませんでした。

近くの畑から田んぼにみんなで移動して、何事もなかったかのようにスイスイ泳いで行きました。

今日の子ガモ達はみんな無事に大きくなって巣立つことができますように。

明日から暑い日が続くようです。
皆様どうぞお身体お気をつけくださいね。
2017年06月25日 (日) | 編集 |
昨日お知らせした、伊勢原市役所分室にて行われた譲渡会に参加して来ました。

朝は雨が時折激しく降って、どうなることかと思いましたが、準備が始まる11時には雨が止みました。
犬猫の神様の粋なお計らいです❤

準備中の私たち。
お隣は相模どうぶつ愛護の会さんです。

P1110922.jpg

今回私はサリーちゃんと参加。

P1110924.jpg

秦野市猫との暮らしを考える会の会員さんは子猫ちゃん2匹と。

P1110923.jpg

12時からの開始後すぐに大勢の方がいらっしゃいました。
伊勢原市の広報紙に載ったので、伊勢原市民の方が多かったようです。

こちらのブースもこの人だかり。

P1110925.jpg

少し離れたところでは保護犬のボランティアさんたち。
こちらもいっぱいの人が訪れてにぎやかでした。

P1110927.jpg

2時ごろから雨が降り出してしまいましたが、それでも3時までずっとお客様がひっきりなしに来てくださいました。

残念ながらサリーちゃんには良いご縁が見つかりませんでしたが、会員さんの子猫ちゃん達はとても素敵なご縁を結ぶことができました。

サリーちゃんはまた次回に再挑戦します!

雨も止んで、太陽も照りつけることなく、ちょうど良い天気に恵まれて、譲渡会日和の1日でした。
どうもありがとうございました。