FC2ブログ
ネコ達と奮闘する私の毎日
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2020年03月06日 (金) | 編集 |
ミーコに出会ったのは2017年11月のことでした。

 ・ミーコが最初に登場した時のブログはこちら

Miiko_20180330.jpg


餌やりに毎朝行っているところに突然現れて、それからの付き合いです。
ミケやポチャが意地悪して、ご飯を食べるのを邪魔したりして。

Mike_20170701.jpg
ミケ


Pocha_20180621.jpg
ポチャ

翌年2月に避妊手術を行いました。

 ・ミーコ避妊手術のブログはこちら


その頃はまだシロッピーがその近くにいたのですが、2018年2月に我が家にシロッピーを連れて来てからはミーコがシロッピーのいたところにいるようになりました。
本当は最初に現れた場所の方がいっぱい隠れるところもあるし、ご飯もあげやすかったのですが、ミケやポチャにいじめられて追い出されるような形になってしまったミーコ。

2018年秋にはとりもち(?)をつけてベタベタになっていました。

 ・ミーコとりもち事件のブログはこちら

Miiko_20181002-3.jpg
身体の右半分がベトベト

捕まえようとしたけれど捕まらなくて、1か月くらいかけて自分で舐めとってきれいにしていました。

場所を移動してもやっぱりミケやポチャがミーコのいるところまでやって来て追いかけまわすこともあるようでした。
たまに他の場所からオス猫がやってくることもあって、安心して暮らすことができないミーコ。

1度1か月ほど姿を見せなくなってとても心配したことがありました。
台風や冬などはどのように過ごしているか心配で、人懐っこいミーコに新しいお家を見つけてあげたいと思うようになり、この冬もずっと捕まえたいなぁと思っていました。

1月18日、キャリーを持って行って捕獲を試みました。
うまく身体を抱き上げることができてキャリーに入れようとしたのですが、大暴れするミーコ。

ここで放してはいけないとこちらも頑張りましたが、ミーコも必死です。
指を思い切り噛まれて、ちぎれるかと思ってしまってとうとう放してしまいました、、

IMG_9115.jpg
3本の牙が刺さって痛い痛い

右手の人差し指はパンパンに腫れ、病院で抗生剤をもらって1週間ほどで腫れは収まりましたが、1か月以上たつ現在でもまだ指先に痺れが残っています。、

それから1か月後、2月19日の朝、いつものようにみんなにご飯をあげに行ったところ、ミーコも出て来てゴロンゴロンとご機嫌ではあったのですが、呼吸がおかしいことに気がつきました。

呼吸のたびにお腹が大きく動いていて、速さも通常より速いように見えました。
猫の呼吸がおかしい時は、すぐに病院に連れて行かないといけないと病院の先生からいつも聞いているので焦りました。

1月に捕獲失敗してから、たまに触れるくらいまで近くに来ることはあるものの、一定の距離を保っていることが多く捕まえることができなくなっていたので。

こちらの気持ちには全くお構いなしに、ミーコは食欲もなくなってほとんど食べなくなってしまいました。

姿を見せてくれないで隠れていることも多くて、いつもいる場所の持ち主の方に許可をいただいて奥の方まで探させていただいたことも。

奥の方のビニールハウスに隠れていたこともありました。

IMG_0031.jpg

田んぼ横の側溝に隠れていることも。

IMG_9959.jpg

捕獲器は食欲がないので入ってくれないことがわかっているため、大きめの虫取り網のような捕獲網を使おうかなどと考えていてどんどん時は過ぎていきました。

多くの餌やりさんに可愛がられているミーコのことはみんな心配してくれていて、3月1日夕方に餌やりのご夫婦が革手袋をはめて身体を押さえて洗濯ネットに素早く入れて捕まえてくださいました!

さあミーコ、病院へ行こう。
もうこれで安心だ!

(つづく)

2020年02月21日 (金) | 編集 |
2月は結構シッティングも忙しくてバタバタとしているのですが、今日は久々に何の予定もなかったので、ホッピーを病院に連れて行きました。

相変わらず吠えまくっているホッピー。
月1回鍼治療に通っているので、腎臓の血行が良くなったりしているのではないかと期待していますが、吠えることに関しては変化がありません。

たぶん精神的な不安があると思うのですが、相方が「きっとどこかが痛いに違いない」と言うので、消炎鎮痛剤をいただいて帰ってきました。
この薬で吠え方が減ったら、体の中に痛いところがあるのだということになります。

昼間は陽の光が差し込んで暖かく、ふと見るとホッピーが寝ているベッドにシロッピーがお邪魔虫。


重いんだよね、、、


いつもはのんちゃんがホッピーが寝ているところに入って行って、しばらくするとホッピーはベッドから出てしまうのですが。

IMG_7782.jpg


ホッピーの今日の体重は3.6㎏。
シロッピーものんちゃんも4㎏ぐらいなので、もうホッピーより重たいんですよ。

優しいホッピーはみんなを受け入れてあげているけど、やっぱりこういうこともストレスになっているのかなぁ?

のんちゃんは自分の場所をシロッピーに取られて不満そうでした(*^-^*)

IMG_9943.jpg
あたしの場所、取られちゃったわ!  byのん

2020年02月17日 (月) | 編集 |
今日は暖かな1日でしたね。
朝から上着がいらないほどで、こんな日は猫たちもほんわか~な気分です。

普段は仲があまりよろしくない我が家の女子たちも、窓を開けたらほら、1列に並んで外の空気をいっぱい吸い込んでいます。

IMG_9926.jpg


唯一の男子ホッピーは、ベッドで気持ちよさそう

Hoppy_20200217.jpg

気持ちはよかったのですが、花粉もいっぱい部屋に入ってきたようで、この後目がとってもかゆくなってくしゃみ連発になってしまいました

2020年01月21日 (火) | 編集 |
新年に入ってご挨拶もしていないのに、もう1月も下旬となってしまいました。
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、ご存知の通り、我が家には5匹の猫たちが暮らしています。
教科書に従うならば、トイレの数は“猫の数+1”なので6つ必要ですが、何しろ我が家は狭いので5つ置くのがやっと。
それも大人用のは2つで子猫用の小さいものが3つというありさま。

大人用2つはブラウニーとシロッピーだけが使い、子猫用のをホッピー、クッキー、のんちゃんが使います。
子猫用のは3.5㎏まで対応とのことで、ホッピーにはちょっと小さ目なのですが、他の子達には基本的に大丈夫なはず、、

今年に入って2回ほど、朝起きてきたら子猫トイレの外にウンチが落ちていることが。
クッキーかのんちゃんのどちらかだとは思ったのですが、確証がありませんでした。

が、ある日見たのです、トイレに入ったクッキーがお尻をしっかり外に出してウンチをしている姿を

クッキーはいつもトイレの砂に足がなるべく触れないようにしてオシッコをしていました。
ひどいときは4本足すべてをトイレの縁に乗せてグラグラしながらオシッコしていたのです。
ウンチのときはさすがに最低1本は足を砂の上に乗せていたのですが、、

この写真は保護しているザラメちゃんのケージ内でのトイレの様子です。

IMG_9169.jpg

ザラメちゃんは前足だけを縁に乗せてオシッコしています。
クッキーの場合はこの前足が乗っている部分に後ろ足も乗せていたんです!
1年以上ずっとそうしていたなんて、かわいそうなことをしてしまいました。

で、新しいトイレを導入しました~!

IMG_9075.jpg

この写真だと大きさがよくわからないかと思いますが、約4㎏のホッピーが入ってこんな感じ。


IMG_9076.jpg

右半分がすのこ状になっていて、ここに砂を入れるようになっていて、左側は広いスペースがあります。

ホッピーが一番に入って使ってくれて、のんちゃん、クッキーが続いて使ってくれました。
大きいし、砂に足を付かなくても用を足すことができるので、クッキーも満足してくれた様子。

シートを交換するときの手間は子猫用の方が楽でしたが、砂の飛び散りも大きなトイレの方が少なくなりました。

大きくなっても使ってくれるのは3匹ですが、粗相がなくなって良かった良かった

2019年12月24日 (火) | 編集 |
前回ブログを書いてからあまりにも長い間が経ってしまって、何からお話ししたら良いのか、、、

10月初め、実家の母がまた入院しました。
入院当初はかなり具合が悪そうでしたが、だんだんと回復して12月初めにリハビリのための病院に転院。

そこで毎日リハビリを始めたら、どんどん元気になって話も普通にできるようになりました。
年末年始は家に戻ってくることは難しそうですが、病院のスタッフの皆さんに良くしていただいているようなので、無理に戻ってくるよりは病院で過ごすと言うのは良いかもしれません。


6月に保護したクロマメは元気にしていて、体重もだいぶ増えました。
外にいた時に抜歯手術をした時は3㎏なかったのではないかと思うのですが、今では4,1kgに増え、丸々としています。

毛もしっかり生えて来たので子熊のようでかわいいクロマメ

IMG_6918.jpg


最近ちょっとよだれの量が増えて病院で抗生物質のお注射をしていただきましたが、食欲は落ちていなくてこのまま元気に年を越せそうです。

我が家の子たちも元気で病院に行く機会はめっきりと少なくなってはいるのですが、ホッピーがちょっと心配です。

毎月1回ハリ治療に通っているからか、腎臓の調子は悪くなさそうで食欲もあるのですが、鳴き方が尋常ではないのです。
ちょっと鳴いてうるさいと言うのを遥かに超えて、吠えるような叫ぶような鳴き声は、窓を閉めていてもドアを閉めていても外に丸聞こえ。

絶対虐待しているって思われてる、、、

Hoppy_20191220-1.jpg


また、そのように鳴く頻度もどんどん増えていて、今は四六時中鳴いています。
トイレの前後、ご飯を食べる前後、ベッドに入る時、出た時、2Fに上がる時、上り終わった後、、、etc

分離不安で鳴く子もいるようですが、ホッピーの場合は私がすぐ横にいても鳴くので、分離不安とは違うようです。

漢方薬でイライラを抑える薬を出していただきましたが、しばらく飲んでも改善されないので今はお薬はお休みしています。
サプリもあるようなので、今度試してみようかな。

どうしたものですかね、、まったく。

他のみんな(ブラウニー、のんちゃん、シロッピー、クッキー)は元気にしています。
シロッピーは着実におデブへの道を突き進んでいますが。

IMG_7208.jpg


まだいろいろあるのですが、そろそろ年末年始の繁忙期が始まるので、また詳しいことは来年に。